現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月18日更新

座っている今すぐ始めたい、姿勢改善ダイエットの方法

365 views

猫背を直したらダイエットもできるってホントですか?是非コツをおしえてください。(大学2年生・女性)


座っているときってリラックスして猫背になりがちですよね猫背になるとお腹回りの贅肉がつきやすくなるだけではなくて、内臓を圧迫してしまうので消化器系の体調不良にもつながるそうです。 キレイに座って「ながらダイエット」を頑張りましょう。

正しい姿勢とは



姿勢を良くしようとして背中が反りすぎてしまうことがありますどんな姿勢が正しいのか確認するには壁に背中をくっつけて立ってみることです。このとき、後頭部、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとの5カ所が壁にくっついている姿勢が正しい姿勢です。トイレに行ったとき、待ち合わせのとき、壁があったらこっそり確認してみましょう。

 



出典元:http://karadastyle.ismedia.jp/articles/-/26



机に向かっているときの姿勢



机に向かって作業をしているときは両手が前に出ているので猫背になりがちです。猫背を予防するには肘をひくということを意識することです。ノートは手前に寄せて書く、食事もお皿を手前に寄せて食べるなど 肩が前に来ないように意識しましょう。

座っているときに意識するとい体の場所



肩・背中



座っているときに反りすぎないようにするには壁で確認するのが一番いいのですが、座っているときに「あ!今の姿勢って大丈夫なのかな?」と思ったときに 壁を探して確認しにいけませんよね。そういう時は頭のてっぺんから糸でつるされているように背筋をのばしましょう

「肩を開く」とうことを意識しすぎるとお腹を前につきだしてしまうような姿勢になりがちです。バレリーナもこの「頭からつるされているような感じ」姿勢で指導されることが多いです。

お尻



また、骨盤を立てるように座りましょう。イメージとしてはお尻を体の真下にもってくるようなイメージです。因みに正座の姿勢は自然と骨盤が立った姿勢になります。一度どのような状態か試して、椅子でも同じ体制がとれるようにします。

 



出典元:はつらつライフ




座ったままできる筋トレ



下腹ぽっこり解消



姿勢よく座り、両膝はそろえて床と直角に曲げます。そして、その角度を保ったまま膝を上げ、足を床から少し浮かせます。下腹にしっかりと力を入れて上半身を支え、10秒キープしましょう。慣れるまでは片脚ずつでも構いません。

また、上半身がふらつくようなら両手で椅子のサイドを持ち、体を支えてみてください。脚の上げ下ろしはゆっくりと、だんだんとキープ時間をのばしていきましょう。

 

太ももタプタプ解消



姿勢よく座り、両膝はそろえて床と直角に曲げます。膝の間にタオルやハンカチをはさみます。 そのまましっかりと膝をしめます。ぐっと膝を押し合うように力を入れましょう

また、この膝にハンカチを挟む方法は筋トレだけではなくて 普段のちょっとしたときにも使えます。力を入れなくても挟んでるだけでもOKです。意識して膝をしめることで太ももが細くなるだけではなく座り方まできれいになりますよ。

 

 

ダイエットはしっかり意気込んで臨むより普段の生活に取り入れたほうが長続きします。特に姿勢は改善したものが体にしみつくと普段からその姿でいることになるので リバウンドもしにくいです。姿勢改善のながらダイエットで細いだけじゃない、美し立ち姿座り姿の人を目指しましょう。

2014年9月18日

written

by ゆかさん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop