現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月6日更新

語学留学・短期留学・交換留学…留学の形態の違いは何?

507 views

単に留学といってもいろいろな種類があってよくわかりません!(大学2年生・男性)


 

留学って、○○留学といっていくつか名前があるけれど、


違いは何なの?と思っている方に、


今回は留学の形態の違いについてご紹介します。



 

留学の種類

© emevil - Fotolia.com

 

語学留学



 

語学を習得するために留学することです。


語学留学をするには、大学に付属したコースか私立の語学学校に通うことになります。


大学付属のコースには、語学コース終了後その大学の学科に移行するために入る人もいます。


私立語学学校は、留学期間や入学時期をかなり自由に選ぶことができます。



 

比較的短期で私立語学学校に留学する人が多いです。


また、通訳や翻訳業、語学教師など、言語に特化した就業を目指して大学に入学した場合、


語学留学ではなく専門留学に分類されます。



 

専門留学



 

語学習得以外の専門分野を学ぶために留学することです。


実的な経験・知識を学ぶことができ、資格を取って就業に繋げる人も少なくありません。


私立専門学校や工房などで学びます。



 

ホスピタリティ(ホテル、レストラン業)、ビジネス、IT、エステ、シェフ、


介護・福祉、演劇、ダンス、アートやファッションなど、様々な専門があります。



 

また、入学時からある程度の語学力が必要とされるため、


始めにどこかの学校で語学コースに通い、


語学をマスターしてから専門留学に移行する人も多くいます。


入学試験がある学校もあります。



 

大学留学・大学院留学



 

大学で数年単位で学び、卒業資格を取る留学です。


専門留学と同じく、ビジネスやIT、コミュニケーション、国際関係、


音楽、建築など、様々なものを学ぶことができます。


学部には、日本の高校卒業資格があれば出願できるのが普通です。



 

国によって卒業までの期間が違います。


書類選考で出願できる大学もありますが、


現地で試験を受けなければならないところもあります。



 

短期留学・長期留学



 

明確な定義はきいたことがありませんが、


数日~3カ月程度の留学を短期留学と言うのが一般的です。


一年になると長期留学だと思います。



 

大学付属のコースに留学となると長期しか受け入れ体制がないのが普通だと思いますが、


語学留学の場合は様々な期間で留学することができます。



 

交換留学



 

日本の大学と海外の大学が協定を結んでいて、


お互いの学生同士を派遣しあう形で留学させる制度です。


留学を考えている人は、自分の大学にこの制度がないか調べてみましょう。



 

留学中は休学しなければならないでしょうが、退学にはなりません。


留学先の授業が日本の大学の単位としてカウントされるのか、


学費の支払いはどうなるのかなど、大学側によく聞いてみましょう。



 

社会人留学



 

社会人を経験した人が、仕事をやめて学生として留学することです。


グローバル化が進む今の時代のため、英語を習得したり、


自分がそれまでやってきた仕事をさらにスキルアップしたり、


今までやったことのなかったことにチャレンジする、というものです。



 

スキルアップ留学



 

社会人留学や専門留学と重なるものです。


これまで経験を積んできたものがあり、


さらにスキルアップさせて今後もやっていきたいという時にする留学です。



 

 

いかがでしたでしょうか。


留学と一口に言っても、様々なやり方があるということが


お分かりいただけたと思います。


よく調べて、ご自分に合った留学をされてみてください。

2015年4月6日

written

by kaho


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop