現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月1日更新

【冷蔵庫の引っ越し】中の食材や電源はどうする?注意ポイントまとめ

3435 views

来月引っ越しをする予定なのですが、どうやって荷造りをしていいのかさっぱりわかりません。とくに、あつかいにくい家電の引っ越し準備について教えて下さい。(大学2年生・男性)


引越しの際に冷蔵庫はぎりぎりまで利用したいですよね。 電源を切ってしまうと中の食材は傷んでしまうし、どうしたらいいか? 悩みますよね。引っ越し前の冷蔵庫

画像出典:http://冷蔵庫引越し.jp/



引っ越しに合わせて、食品を計画的に使っていきたいですね。
また、引っ越し当日に残った食品をクーラーバックでもっていけるか?も検討しましょう。
ただし、遠距離の場合、クーラーバックを持ち運べない場合は冷蔵庫内の食材を使い切るようにしましょう。
また、冷蔵庫に入れている食材の中で、意外と常温で移動できるものもありますから、冷蔵庫内に入れている食品を一度確認しておきましょう。
引っ越し屋さんとの打ち合わせて、引っ越しの日取りが決まったら、
引っ越し一週間前からの作るメニューを考え、冷蔵庫の中のものをうまく使って、
なるべき食材を使い切れるよう計画的冷蔵庫を使っていきましょう。

電源について 引っ越し前日の冷蔵庫



画像出典:http://冷蔵庫引越し.jp/



引っ越し作業上、冷蔵庫の電源は前日の午後5時に切っておきましょう。
冷蔵庫の電源を切っても、冷凍室はまだ冷凍されたままの状態が続きます。
冷凍室を前日に電源を切って、冷蔵室は前日に掃除をしておきます。
その日の夕食や朝食に使いたいものは、冷凍室に移動しておきます。
電源は切れていますが、保冷材などが冷凍されていれば、引っ越し当日までは冷蔵室替わりとして使うことができますよ。

冷蔵室は、前日に掃除をしておきましょう。
冷凍室は、当日朝食食材を使い切った後で、冷凍品・保冷剤がとけて出てきた水分や氷がとけた水をよく拭きとり、掃除をしておきましょう。

食材について



一週間ほど前から計画的に使っていきたい食材ですが、けっこう常温で保管できるものが冷蔵庫に入っていませんか?
たまご 冷蔵庫に入れておかないとと思われるかもしれませんが、
生卵を食べるのでしたら、購入から一週間ほど、加熱するのであれば、二週間は常温で保管しても大丈夫です。

もちろん、引っ越しの移動程度であれば、買ったばかりのものであれば、常温で大丈夫です。
ただ、壊れやすいので、引っ越し前までに食べてしまった方が無難でしょう。
おしょうゆ・ケチャップ・マヨネーズなど調味料 調味料は、引っ越しの間くらいなら、常温で大丈夫です。

傷んでしまいそうなマヨネーズでも注意書きには、「開封後は野菜室で保管してください。」とあります。
寒い時期なら常温でも十分ですね。おしょうゆなどは開封後も「冷暗所」とありますから、大丈夫です。

野菜・根菜類 スーパーなどで販売されているのが常温で置かれているものは、基本的に常温でも大丈夫なものです。
きのこ類・根菜類は常温で大丈夫ですが、長期保管の場合は、冷蔵したほうがいいので、引っ越し後は冷蔵庫に入れた方がいいでしょう。

 引っ越し後の電源



引っ越し後、冷蔵庫は一度、庫内をふいてから、しばらく置いてから電源を入れましょう。
冷蔵庫の内部にある冷えるための液体や気体が安定するまで少しおいてあげます。
電源を入れてから、完全に冷えるまでに時間がかかります。
冬で2.3時間、夏場ですと半日は時間がかかるので注意しましょう。
引っ越しで、冷蔵庫の液体や気体が場合によっては必要量以上に抜けてしまい、冷えなくなってしまうことがあるので、
十分冷えることを確認したうえで、食材を購入するようにしましょう。

 

引っ越しをして、新しい環境での生活が待っていますね。
ステキなスタートが送れるよう引っ越し準備をがんばってすすめてくださいね。

2015年4月1日

written

by luckychild


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop