現在17272個の困ったを解決できます!

2016月1月8日更新

ヨーグルトダイエットの効果を最大限に引き出す5つのポイント

966 views

ヨーグルトでダイエットが出来ると聞いたのですが、本当でしょうか?ヨーグルト大好きなのでやり方が知りたいです。(大学3年生・女性)


柔らかくて口どけが良く、食べやすいヨーグルト。
そんなヨーグルトを使ったダイエットに、興味はありませんか?
ヨーグルトは免疫力を高める作用もありますし、ダイエットに関して言えば、コレステロールや中性脂肪を減らしたり、便秘解消に役立ったりします。
ここでは、ヨーグルトダイエットのポイントを5つ紹介します。




1. 無糖ヨーグルトを選ぶ

糖分の摂りすぎは、ダイエットを妨害するだけではなく、メタボリック症候群の原因にもなります。
普段の食事にヨーグルトをプラスするので、ヨーグルトはできるだけ無糖のものを選びましょう。
ヨーグルトは腸内環境を整えるので、菌の種類にも気を配りましょう。
初心者なら、ビフィズス菌がおすすめです。ビフィズス菌は、腸内にいる菌ですが、年を取るにつれて数が減っていく菌です。






2. 温める

冷たいヨーグルトを食べると、腸が冷めてしまいますので、代謝が悪くなります。
電子レンジで30~60秒温めてから、食べるようにしましょう。
温かいほうが、ヨーグルトの有効成分の働きも増して、ダイエットに効果的です。






3. 朝食として食べる

朝食代わりとして、ヨーグルトを食べましょう。
ダイエットは、とにかく食事量を減らせばいい、という考え方もあるようですが、そうではないのです。
規則正しい食生活をしたほうが、健康的に痩せることができます。
朝食を毎日ヨーグルトにして、昼食と夕食は腹八分目に食べましょう。
ふだん、朝食を食べる習慣がない人でも、ヨーグルト一つなら、気軽に始められるのではないのでしょうか。
間食はなるべく控えてくださいね。






4. オリゴ糖と食物繊維をトッピングに

大きいパッケージのヨーグルトには、オリゴ糖が同封されているものが多く、自分で調節してかけられるようになっています。
無糖のヨーグルトのほうが、ダイエットに効果的なのですが、オリゴ糖は、善玉菌のエサになるので、善玉菌が元気に働いてくれます。
腸内環境が整えられ、便通が良くなります。
食物繊維も、便秘予防に優れています。
りんごなどの果物に含まれている食物繊維は、大腸内の乳酸菌の栄養源となってくれます。
なので、角切りりんごをトッピングすれば、甘みが増してヨーグルトもおいしくなり、栄養的で一石二鳥です。







5. ヨーグルトでプチ断食を試みる

より手っ取り早く痩せたい方は、月に一度、ヨーグルトプチ断食というものを試してみるのもいいかもしれません。
ヨーグルトプチ断食は、3日にわたって行われます。
土曜・日曜・月曜に行うのが良いでしょう。
前日の金曜日に、軽めの和食を摂ります。
次に、土・日と2日間にわたって、三食すべて、ヨーグルト100gと野菜ジュース200~400mlにします。
野菜ジュースの代わりとして、豆乳を飲むのも良いでしょう。
脂肪燃焼効果を狙うなら、炭酸水を水代わりに飲みましょう。
月曜日の朝は、お粥と具なしの味噌汁にします。その後は平常通りに戻してかまいません。
少し大胆なやり方ですが、デトックス効果を実感でき、おなかもぺったんこになってきます。


いかがでしたでしょうか?


この記事を読んでもっと楽しく簡単にヨーグルトダイエットができることを祈っています!

2016年1月8日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop