現在17272個の困ったを解決できます!

2014月8月27日更新

最後まで使い切ってない?化粧品にも期限があるって知ってた?

426 views

ふと気になったのですが、化粧品にも消費期限みたいなものってあるのでしょうか?(大学1年生・女性)


 

コスメイメージ

© sunabesyou - Fotolia.com

 

化粧品やスキンケア商品に実は、使用期限があることをご存知でしょうか。

直接肌に触れるため、本来使用期限に気を使うべきものです。

しかし、食品のように腐ったり、カビが生えたりといった分かりやすい見た目の変化はあんまりありません。

では、一体どんな影響があるのでしょうか。

 

酸化が進み、雑菌が増える



たとえ、未開封でも酸化は進みます。


開封して使用することで雑菌が増えていきます。


購入した後の自宅での保存状況で酸化の進み方は違いますが、3年が未開封の使用期限です。


温度の高い場所や直射日光の当たりやすいところにあったものはより早く劣化していると考えていいでしょう。


劣化した状態で使用すると肌荒れの原因になります。


いずれにせよ、あまり買い置きはせず、購入後早い段階で使いきりましょう。



 

開封後の消費期限 1、スキンケア・ベースメイク



スキンケア用品の多くは1ヶ月~2ヶ月の内容量になっていることが多いですが、1シーズン~半年が理想的です。


無添加で作った商品などはもっと短いこともありますし、保存方法も特殊な場合もありますので、注意しましょう。



 

また、化粧下地や、リキットファンデーションのように水分量の多いものは同じく1シーズン~半年。


パウダーファンデーションは1年、フェイスパウダー、コンシーラーは2年を目安にしましょう。


開封後はきっちりと蓋をして、指定された保存方法を守ることが重要です。



 

2、アイシャドウ・マスカラ



パウダータイプのアイシャドウ、ペンシルアイライナーは3ヶ月~1年。


クリームタイプのアイシャドウ、リキットアイライナーは3ヶ月~半年。



 

アイメイク用品は特に気をつけたいアイテムです。


目の周りで使用するため、涙が付着して雑菌繁殖の原因にもなります。


また、目に入ってしまうことで眼病を引き起こしてしまうことにもなり、とても危険です。


そのため、1シーズンで使いきるのが理想的です。



 

特にマスカラはには要注意です。


直接まつげに触れたブラシを出し入れするため、どうしても保存状況は悪くなります。


もったいない気持ちはありますが、1シーズンで買い換えることをおすすめします。


費期限は長く、1年半~2年で使い切るのがベスト。ただしアイシャドウチップなどはこまめに洗い、雑菌が繁殖しないようにしましょう。



 

3、リップクリーム・口紅・グロス



リップクリームは半年、口紅は1シーズン~2年、グロスは1シーズン~1年


直接唇に塗ると菌の繁殖もし易いため、リップブラシを使って使うのが理想的です。


分離したり、変色したりした場合は迷わず買い替えましょう。



 

4、日焼け止め



来シーズンまでの残してしまいがちの日焼け止めも1シーズン~半年で使いきるのが理想的です。


紫外線は1年中降り注いでいます。


秋になっても首周りなどの肌の露出する部分に使い続けて早めに使い切ってしまいましょう!



 

おわりに



もったいない・・・まだ使えるんじゃない?そんな気持ちはとても良くわかります。


しかし、劣化したもので肌荒れを起こしてしまって、余計にお金がかかってしまいます。


消費期限を守り、健康な肌を保つようにしましょう。


2014年8月27日

written

by pinkymiu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop