現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月6日更新

留学せずに英語を話せるようになるための7つの方法

2019 views

経済的に留学は厳しいのですが、英語は話せるようになりたいです。何か方法はありますか?(大学2年生・男性)


 

留学ではなく、日本にいながら英語を話せるようになる方法はないかなと

思ってらっしゃる方に、今回は7つの方法をご紹介します。

 

留学せずに英語を話せるようになるコツ

© takasu - Fotolia.com

 

1. 映像を見てフレーズを繰り返し覚える



 

映画の英語字幕を表示し、読みながら聞いて慣れることです。


DVDを見るのもいいですが、映画での話し方は現地の日常会話より遅いので、


YouTubeで海外のニュースやバラエティ番組を拾ってみるのもおすすめです。



 

YouTubeでも英語字幕をオンにすることができます。


映像の右下の、二本線がひいてある四角形のボタンをクリックするとオンにできます


(ただし、YouTubeは便利ですが、たまに字幕が間違っているのでご注意ください)。



 

それから、ここ数年人気なのは「TED」という


英語のプレゼンが無料で見られるサイトです。


自分の興味のあるものから見てみましょう。



 

2. テレビやラジオ番組の教材



 

NHKの英語テレビ番組やラジオ番組は様々な種類のものが揃っています。


自分のやる気が出るものや、生活リズムに合ったものを選んでみましょう。



 

普通の英語教材は、文法やフレーズといった普遍的な知識が主ですが、


テレビやラジオ教材では、今現地ではやっているもの、季節のものなどを


取り入れて番組構成をしているので、なかなか面白いです。



 

テキストはそんなに値段が張りませんし、軽いので電車の中などで読みやすいです。

 

3. 日記を書く



 

日記を続けることは地味ですが有効です。


日常生活に関する言葉や、感情表現、好きなことについての語彙が増えます。



 

英語友達のような人がいたら、その人と読みあって、


添削しあうのもいいでしょう。



 

また、日記を書いて人に読んでもらえる無料サイトとしては


ゴガクル」や「Lang-8」がお勧めです。


いろいろ検索してみましょう。



 

4. とにかく単語やフレーズを暗記する



 

語学の勉強でよく言われるのは、最初はとにかく語彙力が足りないということです。


知っている言葉が増えれば増えるほど聞き取れるようになりますし、


話す時も豊富な表現ができるようになってきます。



 

ですので、まずは単語帳やフレーズ集を買ってきて、


ある程度の量を暗記してみましょう。



 

5. 自分の専門の本や、趣味の本を読む



 

自分の興味のあるものをとっかかりとして、まずは英語に慣れるということです。


全く知らないものより、事前の知識があるものの方が想像力が働きます


自分が楽しく、楽に読んでいける英語の文章を見つけて読んで、英語に慣れていきましょう。



 

6. 分からない単語をGoogleで引きまくる



 

勉強を進めていくと分からない単語やフレーズが出てくるものです。


辞書に載っていない単語に出会ったら、


Google画像検索をすると一発で内容が掴めます。



 

また、自分で英作文を書いていると、


文法やフレーズの使い方に不安が出てくることがあるでしょう。


ここはAとBのどちらが正しいの?という疑問です。



 

そこでもやはりGoogle検索をしましょう。


圧倒的に検索結果の数が多い方がおそらく正しいです


(その後学校の先生に質問したり詳細な文法書で確認しましょう)。



 

7. 英語の音楽を聴く



 

歌詞カードがあればそれはもうテキストです。


英語と和訳が並列されているので、置き換えて理解しやすいです。



 

ただ聴くだけではなく、歌詞カードを見ながら一緒に歌えるぐらいになるまで憶えましょう。


音楽が好きな人にとっては一番楽しい勉強法かもしれません。



 

 

いかがでしたでしょうか?


ご紹介した方法で勉強すれば、留学せずとも英語力は上がるでしょう。



 

今の時代は、特にインターネットで無料で勉強する方法がたくさんありますから、


ぜひ活用してみてください。

2015年4月6日

written

by kaho


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop