現在17272個の困ったを解決できます!

2014月8月19日更新

おしゃれをしながら社会貢献できる!エシカルファッションとは?

615 views

最近、「エシカルファッション」という言葉をよく聞きます。
これってどういう意味ですか?(大学1年生・女性)




エシカルファッションという言葉を聞いたことがありますか?
エシカル(ethical)とは「倫理的」「道徳上」という意味の形容詞で、
今ファッション業界では「倫理的=環境保全や社会貢献」と認識され、
道徳的に生産や流通が行われているファッションが注目されています。

今回は、是非知っておきたいエシカルファッションのご紹介です。

 

エシカルファッションとは



エコやロハスはよく耳にしますよね。

エコやロハスとは、環境に優しい製品、
例えば、地球環境を汚す化学肥料を使わないオーガニックコットンや、
リサイクル、省エネ製品を使うことなどをして地球を大切にし、
私たちも地球も健康で末永くこの地球で暮らすことができるように持続できる生産や消費やライフスタイルをすること。

それに対してエシカルとは、「倫理的」「道徳的」という意味からイメージできるように「地球環境」はもちろん
「人」や「社会」に対ても倫理的、道徳的に正しい生産・流通などの活動が行われている製品のことです。

発展途上国での不当な低賃金での労働、不適正価格での貿易による搾取、
紛争ダイヤモンドと呼ばれる紛争の資金源になる不正取引されたダイヤモンドなど倫理的、
道徳的に反する製品を廃止し、適正な労働条件、フェアトレードと呼ばれる適正価格での貿易、
更には貧困地域に安定した収入を確保し、経済的自立目指す商品作りなど。

これまでの企業の利益追求や消費者の、
おしゃれならなんでもいいといった一方的な豊かさではなく、
環境保全はもちろん、生産者も公平な豊かさを得られるように
人にも優しい活動を通して作られた洋服などがエシカルファッションです。

 

エシカルファッションブランド



では、エシカルファッションブランドのご紹介です。

 

SHKAY (ショーケイ)



中国西部のチベット族の放牧するヤクの毛を直接買い付け、
中国崇明島の女性ニッターによって手編みの製品が作られることによりチベット族、
崇明島の女性に安定した収入や生活の向上が可能になっています。

ニットミトンやマフラー、ケープなどファッションアイテムから
クッションやブランケットなど温かみのある商品がたくさん。

 

INHEELS(インヒールズ)



「30年後も持続可能なものづくりと消費のあり方」をコンセプトとし、
サステイナブル(持続可能)な素材を活用したりフェアトレード工場と取引を行っています。
HPには取引工場の紹介があり、得た利益で更に歯科クリニックを建てたり、
奨学金を出したりと様々なプロジェクトが展開されているそうです。

商品もベアトップのジャンプスーツなどセクシーでクールなデザインが多くモード系の人にもおすすめ。

 

People Tree (ピープルツリー)



途上国でのフェアトレードでオーガニックコットンの認証を初めて受けたブランド。
ファッションからアクセサリー、雑貨まで幅広いアイテムが揃っています。
注目なのはHP下の「ピープルツリーについて」のページ。
「大切にしていること」のページでは環境・天然素材・手仕事と題して
それぞれのポリシーや取り組みが丁寧に説明されています。

その他にも「ピープルツリーが目指すこと」「活動の歩み」など
このブランドからショッピングすると社会貢献できるとしっかり実感できるサイトですので、
是非読んでからショッピングするのがおすすめ。

 

Feliz(フェリーズ)



未来ある子供たちの可能性を広げるために、
女性、特に母親に技術支援や雇用の機会を作ることによって収入が増え、
子供たちの生活向上や教育の機会を増やすことが必要であると考え、
そういった人たちの支援をしているアクセサリーブランド。

パールやシェル素材の見た目も優しいアクセサリーが魅力的。

 

エシカルファッションの特徴は、高品質でデザインも素晴らしいこと。
おしゃれをすることで消費者の私たちも生産者も地球もHAPPYになるんです!
=================


ライター:Hiromi(パーソナルスタイリスト)


公式サイト「True Colors」 http://truecolors.jp.net


5年間アパレル販売に携わった後、for*styleファッションビジネススクールにて


パーソナルスタイリスト久野梨沙に師事。


現在はパーソナルスタイリストとして、


おしゃれの基本である「似合う色・素材・形」の提案を行っている。


会話を大切にし、その人の雰囲気、


ライフスタイルや考え方から活用シーンに合うものを提案。


また、本人も気が付いていない魅力を発見し、


新しいスタイルを構築する技術に定評がある。

2014年8月19日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop