現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月19日更新

運も必要!?大学教授になるにはどうすればいいのか?

1319 views

教授ってどうやって教授になってるんですか?(大学1年生・男性)


皆さん大学教授の事をご存知でしょうか。大学教授は学生に授業を行い・自ら研究を行い・お金をもらう職業です。多くの人が憧れる職業ではないでしょうか。そこで今回は、魅力的な大学教授になる為の王道をご紹介します。

勉強

© kazoka303030 - Fotolia.com

その1 研究室・ゼミに所属する



高校を卒業し、大学に入学した皆さんはきっと楽しい生活を迎える事が出来るでしょう。しかし、遊んでばっかりではいけません。大学教授を目指すのであれば先ず、どの分野のプロフェッショナルになりたいのかを明確にするべきです。そして、しっかりとした成績を取りその分野に関係のある研究室・ゼミに所属しましょう。この時に選んだ研究室・ゼミの分野の大学教授になることが一番の近道です。

 

その2 しっかりと研究をし、成果を出す



目指すプロフェッショナル像を明確にし、その分野の研究室・ゼミに所属できたら、しっかりと研究を行いましょう。研究室・ゼミでの研究成果は、今後のキャリアアップに大変重要です。学生時代に出した研究成果は周りの人から評価される際に使われます。素晴らしい研究成果をたくさん出す事で、「この人物は将来学者に向いている」「有望だ」などと評価されます。

 

その3 研究者(ポスドク)になる



次のステップは就職活動を行うか、大学にポスドクとして残るかどうかの選択です。大学教授を目指すのであれば、ポスドクとして、研究を続けましょう。大学教授は大学生に授業を行うことに加えて、特定分野の研究におけるプロフェッショナルでもあります。その為、大学教授を目指すのであれば研究に対する知識・スキル・専門性を深める必要があります。ポスドクとして研究成果を蓄積しながら、大学の講師・准教授・教授のポストを狙いましょう。

※ポスドク:ポストドクター(ドクター=博士課程)という意味。ここでは非常勤講師という意味で使っています。

その4 運も必要!?講師・准教授・教授のポストの空きを狙う



さて、この段階まで来ると運も重要になると考えます。その理由は、研究室・ゼミには教授や准教授の人数に限りがある為です。その為、ポスドクは教授が定年退職して、今の准教授が教授になった時に空きができる准教授のポストを待つ必要があります。もしくは求人票の中から、他大学の講師・准教授・教授の案件を探し応募する方法もあります。いずれも、ポスドクになってから○○年で教授になれるという風に、断定できることではありません。この事については運が必要だと言っても過言ではないでしょう。素晴らしい研究成果がたくさんあるポスドクは、運良くポストに空きができた時に周りに認められて教授になることができます。

 

番外編 企業に入ってからも教授になる方法



研究室・ゼミ→ポスドク→講師・准教授→教授という王道以外にも教授になる方法があります。それは一度企業に入社してからそこで実績を残し、大学から教授への勧誘を受けるという方法です。しかし、このパターンで大学教授になれる人は滅多にいないでしょう。それこそ運の要素が大きくなります。

 

まとめ



・明確なプロフェッショナル像を決定し、研究室・ゼミでしっかりと研究を行う

・ポストが空けばいつでも教授になれるように、研究成果を残しておく

 

大学教授になるにはどうすればよいかがわかっていただけたでしょうか。大学教授は世間体・待遇等ほんとうに魅力的なお仕事です。皆さん是非とも大学教授を目指してみてはいかがでしょうか。

2014年9月19日

written

by ryuki


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop