現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月1日更新

英語が話せなくても問題ない!?台湾の言語事情

8805 views

台湾に女子2人で旅行に行こうと思っているのですが、英語が話せなくても大丈夫なのでしょうか?(大学2年生・女性)


映画が離せなくても問題無い台湾

© yo- - Fotolia.com

海外旅行では「言葉が通じなくても大丈夫かな?」と心配になりますよね。英会話が全く出来ないという理由で海外旅行を躊躇している方も多いのではないでしょうか。

英語は世界中でも比較的通じやすい言語ですが、英語圏ではない台湾ではどのような言語が使われていると思いますか?ここでは台湾の言語事情をご紹介いたします。

 

台湾の言語



台湾の公用語は中国語(北京語)で、台湾の人が話す言葉は中国語とほとんど同じと言って良いでしょう。

しかし漢字は中国本土で使われている簡体字ではなく繁体字を使用していますので、台湾は臺灣や台灣と表記されていたりします。他には台湾語や客家語が話されていますが、客家語に関しては全ての人が話せるわけではなく一部の限られた人が使用しています。

地下鉄などの車内アナウンスは中国語・台湾語・客家語・英語が流れています。

 

英語の通用度



台湾での英語の通用度ですが、ホテルや高級レストランなどでは英語が問題なく通じます。一般人に関しては日本人と同等と考えて良いでしょう。

中国本土では「Yes」「No」レベルの英語が通じない程に英語の通用度が低く英語があまり話せないと言われている日本人ですら驚くレベルですが、台湾ではそんな事はありませんので安心してください。

街中いる一般の方でも「~行きたい」「~したい」などの簡単な英語、もしくは単語を並べただけの英語なら理解してもらえるでしょう。

もちろん流暢な英語を話せる方もいますし、全く英語を話せない方もいますので、もし何か困った事があったら何人かに声をかけてみましょう。台湾の人はとても親切に対応してくれますよ。

 

日本語の通用度



台湾の歴史の中で日本に統治されていた時代があった事をご存じでしょうか。その影響で80歳位のお年寄りのなかにはとても綺麗な日本語を話す方がいらっしゃいます。

日本語をほとんど忘れてしまった方もいますが、覚えている日本語で話しかけてくださる方もいて嬉しくなります。日本の文化や音楽に興味があって日本語を覚えたという若い世代の方も多いので、こういった方々に対してこちらも簡単な中国語を覚えて行けばとても喜ばれると思います。

台湾は毎年たくさんの日本人が訪れる人気の旅行先となっていますので、日本語が通じるお土産物屋、日本語メニューのあるレストラン、日本語の話せる人がいるホテルなどが存在しますので、場所を選べば言葉に関しては不自由する事はありません。
いかがでしたか?台湾では街中のほとんどの表記が漢字です。日本で使われている漢字とは少々異なりますが、漢字の読み書きができる日本人にとって台湾はとても旅行しやすい国だと思います。

例えば、台北にある中山駅はチョンシャン (Zhongshan)と発音しますが「チョンシャン駅」と覚えるよりは日本語読みで「ちゅうざん駅」と覚えてしまった方が簡単です。

「ちゅうざん」の発音は台湾の人には通じませんが、文字で「中山」と書けば通じます。発音がわからなくても漢字で筆談という流れでなんとかなったりします。レストランのメニューも鶏や猪(猪は豚です)などが読めるので、これは「肉料理なんだな」と理解できますので安心です。

筆者の英語は恥ずかしながら中学1年生レベルですが、台湾旅行中に英語が話せなくて困る事はほとんどありませんでした。そして台湾の人はとても親切なのでこちらが伝えたい事を一生懸命理解しようとしてくれますので、楽しく滞在できる事間違いなしですよ。

2015年4月1日

written

by みくす


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop