現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

チョコ好きさんに朗報♡チョコの意外な効果・効能まとめ

413 views

チョコレートが大好きです!実は健康に良いと聞いたのですが、本当ですか?(大学1年生・女性)




チョコレート



チョコレートは、甘くて食べると心がホッとする食べものです。
でも、カロリーが高く、ニキビの原因になる、そんなイメージから、美味しさの誘惑と日々戦わねばなりません。


そんなチョコレート、上手に食べれば、健康に良い面も実はたくさんあるんです。
それでは、チョコレートの意外な健康への効能を見ていきましょう。







動脈硬化やがんを予防する



チョコレートには、カカオ・ポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールには、血中の悪玉コレステロールに対しての抗酸化作用や、
がんの原因になるDNAの突然変異を抑える働きがあります。
そのため、チョコレートは、がんや動脈硬化などの予防に効果的なんですね。







アレルギーにも効果がある



アトピーや花粉症など、アレルギーに悩む人は多いですよね。
カカオ・ポリフェノールには、アレルギーの原因となる、活性酸素の働きが抑える働きがあるんです。
少しでも症状が緩和するのは、嬉しい効果ですよね。







代謝効果がある



2012年、アメリカの研究で、「チョコレートを食べる頻度が高い人ほど肥満指数(BMI)が低い」
と米医学誌"Archives of Internal Medicine"(2012; 172: 519-521)にて発表がありました。
チョコレートの原料・カカオに含まれている、『エピカテキン』に、代謝効果が見出されたようです。







甘い香りが集中力・記憶力をUPさせる



最近の研究で、チョコレートの甘い香りには、集中力や記憶力を高める効果があることが、明らかになりました。
また、『テオプロミン』という、神経を鎮静させる作用を持つ成分が含まれているので、チョコレートを食べると、リラックス効果があります。
ヨーロッパなどでは、眠る前に、チョコレートを食べることもあるんですよ。







美容・健康食になる



チョコレートの原料であるカカオ豆には、 カルシウム・鉄分、マグネシウム・亜鉛などのミネラルが、バランスよく含まれています。
特に女性は、美味しくて甘いチョコレートを食べながら、不足しがちな鉄分を摂取できるので、嬉しいですよね。
また、マグネシウム不足は、一般的には心臓病のリスクを高めることで知られており、ここでも一役かっています。
さらに、食物繊維が含まれていて、便通を良くし、血圧上昇を抑える効果もあるんです。







虫歯を防ぐ効果がある



チョコレートの成分であるカカオパウダーには、虫歯を防ぐ成分が含まれています。
抗菌作用だけでなく、歯垢をできにくくする働きもあり、
虫歯予防と虫歯の進行を抑える、2つの効果があるんですよ。








最後に:チョコレートの適切な食べ方



健康のためにチョコレートを食べるときは、カカオの含有量が70%以上のものを選びましょう。
また、高カカオのチョコレートは、少し苦い上に、高カロリーです。
厚生労働省・農林水産省が作成した「栄養バランスガイド」では、
チョコレートは1日200kcal程度が適量とされているので、食べ過ぎに気を付けて、適度に摂取してくださいね。

2015年9月7日

written

by mmm22


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop