現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月19日更新

ボルシチ?ピロシキ?五輪でも話題になったロシア料理ってどんなもの?

497 views

ロシア料理ってどんなのがあるんですか?(大学2年生・女性)


ロシア料理と聞いたら、あなたはどんな料理が真っ先に思い浮かびますか?イタリアンやフランス料理ほど日本国内では馴染みがないかもしれませんね。

ロシアの代表的な料理と言えば、ボルシチやピロシキを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、頻繁に食べる機会はないと思います。そんなロシア料理ですが、ボルシチとピロシキ含め、代表的な料理を8品ピックアップしてみました。前菜、スープ、メイン、主食、デザートとロシア料理フルコースを想定してみました。ご興味のある方は是非一読下さい。

 

前菜



 (1) ニシンの塩漬け



ロシアではニシンやサーモン、イクラなどの魚類を塩漬けにする事が多いそうです。中でもニシンの塩漬けはポピュラーな前菜とされています。ピクルスと合わせて食べるのも良いかもしれませんね。

ニシンの塩漬け http://tabelog.com/aichi/A2301/A230105/23000930/dtlphotolst/P4068586/

 

スープ



 (2) ボルシチ



ロシア料理の中でも定番です。ご存知の通り、ロシアは寒さが厳しいので体を温めるスープは欠かせません。

スープの中にたっぷり入っている具に関しては、特に厳密な決まりは無いようですが(地方によって具材は異なります)、赤いかぶのようなかたちをした「ビーツ」という砂糖大根が入っている場合が多いです。ビーツは根菜なので、体を温める効果があります。ちなみにビーツ缶は日本の食料品店でも手に入るので、家庭でもボルシチを作れます。お肉料理の付け合わせや赤ワインにもよく合いそうです。

 

メイン



 (3) ビーフストロガノフ



牛肉やキノコをホワイトソースなどで、牛肉が柔らかくなるまで煮込んだ料理です。ロシア版シチューと言えるかもしれません。起源に関しては、サンクトペテルブルクのストロガノフ家で生まれたと言われていますが、諸説がいつくかあります。

 

(4) ガルプチィー



一言で言うと、ロシアの焼きロールキャベツです。日本でよく食べるロールキャベツと異なるのは、挽肉の他にお米も入っている点でしょうか。トマトソースと煮込んで食べられる事が多いようです。お肉もお米も野菜も取れ、栄養満点です。

 

(5) シャシリク



一言で言うと、お肉の串焼きでロシア版バーベキューです。味付け方法は地方によって様々ですが、ハーブやスパイスで味付けをします。ロシアの人々は、森林の中など好きな場所で炭火で焼くそうです。酢漬けされた野菜ともよく合います。

シャシリク http://www.chaika.co.jp/dinner_menu.html

 

主食



 (6) ピロシキ



小麦粉を練った生地の中に具材を入れますが、具材は様々です。挽肉などのお肉、玉葱、キャベツ、魚肉、卵などが入っていたりします。ジャムなどを入れて甘いパンにする事もあります。いずれにせよ、オーブンで焼くか油で揚げるかして作られます。温かいうちに食べた方がホクホクしていて美味しいので、温かいうちに召し上がるのをお薦めします。

 

(7)黒パン



食卓には、日本人にとっての白米と同じくロシア人にとって欠かせない存在です。ライ麦からつくられる場合が多く、通常の小麦からつくられたパンより色が黒いため、黒パンと呼ばれています。酸味がややあり、噛みごたえもあります。

 

デザート



 (8) ブリヌイ



ロシアで定番のデザートです。クレープのような生地にハチミツや練乳をかけて食べられる事が多いようです。デザートとしてだけではなく、ハムやキャビア、鮭の燻製がトッピングしてお惣菜として食べられる事も。(お惣菜パンのようですね。)ロシアにはファーストフード店のような位置づけでブリヌイ専門店もあるそうです。

 

以上、簡潔ではありますが、美味しそうで且つ日本人でも食べやすそうなロシア料理をピックアップしました。ボルシチやガルプチィーなどは、実際に作るのにトライしても面白そうです。体がポカポカ温まりそうな料理が多いので、寒い冬のディナーに良さそうですね。

 

2014年9月19日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop