現在17272個の困ったを解決できます!

2015月10月13日更新

ピラミッド以外でも楽しめる!エジプト旅行で訪れたい6つのスポット

870 views

友人との海外旅行の行先に、エジプトを推しています。
ピラミッドやスフィンクスだけじゃない、エジプトの魅力で説得したいです。
おすすめのスポットを教えてください!(大学4年生・男性)

エジプト観光というと、ピラミッドを思い浮かべる人が多いと思います。


しかし、エジプトにはピラミッド以外にも多くの世界遺産や、おしゃれスポットもあります。


今回は、ピラミッド以外の観光スポットを紹介したいと思います。



1.エジプト考古学博物館


ツタンカーメンの秘宝をはじめ、古代エジプトの発掘品を収蔵する博物館。


かの有名なツタンカーメン王の王墓から発掘された黄金のマスク、黄金の玉座が展示されています。


収蔵点数は約20万点で、満足度は非常に高いんです。


入館時にカメラやビデオは預けることになるので、持っていかないほうがスムーズでしょう。


料金:60£E(エジプトポンド) ミイラ室は別に100£E


時間:9:00~18:45(年中無休)


交通:地下鉄サーダート駅から徒歩8分



画像出典:Wikipedia


2.ナイル川ディナークルーズ


こちらは、一か所のスポットではなく、クルーズを楽しみながらディナーやエンターテイメントです。


日本からオプショナルツアーとして申し込むことも出来ますし、現地のホテルで申し込むことも可能です。


料金は現地で申し込んだほうが安くなることが多いようです。


複数の会社の船が運航していますが、代表的なクルーズの内容を紹介します。


2時間程度で、食事はインターナショナル・ビュッフェ(コース料理の船もあり)、ベリーダンスやスーフィーダンスショーです。


ナイル川沿いの数多くのホテルや大使館、カイロタワーの夜景は、多くの遺跡観光になりがちなエジプト旅行のアクセントになるでしょう。


参考に「ナイル・マキシム号」の場合


料金:260~346£E





http://www.maximrestaurants.com/maxim.html


3.カルナック神殿


古代エジプトで最大級の世界遺産で、映画「ハムナプトラ2」にも出てきますので、ぜひ見ておきたいスポットです。


周囲の敷地が5kmにもわたり、かなり歩きますので、歩きやすい靴で観光するのがいいでしょう。


「カルナック神殿」といっても一つの神殿ではなく、アメン大神殿、コンス神殿、ラメセス3世神殿などが合わさった複合神殿です。


見どころは、134本が並ぶ大列柱室です。



料金:65£E


時間:夏季は6:00~17:30、冬季は6:00~16:30(年中無休)


交通:町の中心にあるルクソール神殿からチケット売り場まで3kmほどの距離。タクシー、馬車、貸自転車などで移動できる。



画像出典:Wikipedia


4.王家の谷


かの有名なツタンカーメン王の王墓があるスポットです。


ルクソール西岸にある岩山の中から、現在60以上の墓が発掘されています。


多くの墓が盗掘にあっており、副葬品はほとんど発見されませんでした。


しかし、ツタンカーメン王の王墓は唯一未盗掘で美しい壁画のほか、黄金の副葬品が発見されました。


見どころは、トトメス3世の墓、ラメセス9世の墓、セティ2世の墓です。


入場料とは別にエクストラチャージがかかるのは、ツタンカーメンの墓は100£E、ラメセス6世の墓は50£E。


カメラの持ち込みは禁止なので要注意です。


料金:100£E


時間:夏季6:00~17:00、冬季6:00~16:00(年中無休)


交通:東岸でタクシーをチャーター、貸自転車




画像出典:Wikipedia



5.アブ・シンベル神殿


大神殿と小神殿からなる、ラムセス2世がエジプト南部・スーダンとの国境近くに建てさせた神殿です。


見どころは、「戦車に乗るラメセス2世」等、数多くの壁画や、20mもの高さの巨大な4体のラメセス2世の座像です。


また、毎年2月22日と10月22日には、日の出の時、日の光が神殿の億に差し込む神秘的な光景を楽しむことが出来ます。


ただし、大神殿は移設の際に角度が少しずれ、日にちがずれることもあるので要注意です。


夜には「アブ・シンベル神殿 音と光のショー」が行われており、エジプト各地の遺跡の中でも人気があります。


【アブ・シンベル】


料金:90£E


時間:夏季5:00~18:00、冬季5:00~17:00(年中無休)


交通:カイロとアスワンからエジプト航空の便あり。空港から神殿までは、エジプト航空の大型バスがでている。


【音と光のショー】


料金:75£E


時間:夏季:20:00~20:35、冬季19:00~19:35(年中無休)



画像出典:Wikipedia



6.アレキサンドリアの街並み


地中海沿いに、ヨーロッパの旧市街のような街並みが広がっています。


そして、古代エジプトの雰囲気とは異なる、おしゃれな海岸線やカフェを楽しむことができます。


観光名所はカーイトゥベーイの要塞で、以前は灯台があったところに建設されており、内部の展望スペースからは美しい海を臨むことが出来ます。


街を代表する老舗ホテル「セシル」は、アガサ・クリスティなど多くの著名人が宿泊しており、ランドマーク的存在です。


レトロな雰囲気で、アンティーク好きにはたまらないスポットでしょう。


また、海の街で忘れてはいけないのはシーフード料理。


フィッシュ・マーケットではシンプルな味付けの種類豊富な魚介を堪能できます。



http://ameblo.jp/tonton-tours/entry-10515141375.html



いかがでしたか?


ピラミッドのイメージが大きかったエジプトから、それ以外の世界遺産や、ナイトスポットなどをご紹介させて頂きました。
是非参考にしてエジプトを楽しんでください。

2015年10月13日

written

by plumeria


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop