現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月29日更新

何のため?大学生が休学をする8つの理由

14099 views

周りに休学する学生が何人かいるのですが、みんな何のために休学をしているのでしょうか。遊ぶためではないはずなので休学してまで何をしているのか知りたいです。(大学3年生・男性)




出典:http://nomadp.com/end/

最近はすっかり認知度も上がってきた「休学」という大学のシステムがあります。

私も人事部で新卒採用を担当していた時、休学と復学を経て就職活動をしている学生さんとの出会いが、

年を追うごとに増えていきました。今回は、休学をする大学生の理由について少し触れてみたいと思います。

 

1.語学留学



やはり多く耳にするのは、1年間の語学留学です。 大学や学科によっては、留学が必須になっている

ところもあるようで、1年間他の国で語学を主に学んできた という人が多くいます。最近ではイギリス、カナダ、

オーストラリアなどでの英語学習の他、中国への中国語 留学をしている学生も多くお会いします。

 

2.NGOやボランティア



せっかく海外へ行くなら語学留学だけではなく、現地で何か貢献したいという気持ちの人も多く、

アジアの 孤児院や小学校で子ども達と一緒に遊んだり、授業のサポートをしたりしている学生さんも

いるようです。

 

3.海外インターンシップ



お金をいただかないボランティア活動ではなく、貢献への対価を収入としていただく海外での有給

インターンシップを選択する方もいます。もちろん、留学やボランティアよりも、高度な語学力が必要とされます。

各国のホテル、IT企業、小売店珍しいところではクルーズ船で働けるプログラムもあるようです。

より海外で働くイメージをつかんでおきたい、という方が多く選ぶ選択肢です。

 

4.世界旅行



世界を周る、という道を選んだ人も多くの割合で出会いました。もちろんツアーは使わず、自分の足で

向かうことに意味があるのです。各国で働いては次の国へと渡る強者から、日本でアルバイトをして

稼いだ 貯金を全て持って飛び出した人もいました。 1年ないしは2年の休学をして自分の視野を広げる

ための世界旅行は、世界が数十年前よりも近くなった現代 だからこそ選べる方法かもしれません。

 

5.仮面浪人



私が学生時代からいたのは、大学に籍を置きながら再度受験勉強そして大学受験を行う学生たちです。

彼らの背景も様々で、志望していたところ以外の大学に入り、やはりイメージと違ったことで再受験を

する人や、志望の大学に入れたにもかかわらず、入ってみたらしたかった勉強ができなかった、まったく

異なるテーマの勉強に興味が移った、などがありました。仮面浪人の結果、新たな大学へ移る人もいれば、

元の大学に戻ってくる人もいます。

 

6.妊娠、出産



医学系の学生さんを中心に時々耳にするのが、妊娠と出産のために休学をするケースです。

勉強、研修期間の長い医者を目指す学生の中には先に結婚や出産をして、戻ってきてから研究に

打ち込む 人の姿も珍しくないようです。

 

7.働く



実家や知り合いの人の会社、短期のインターンシップで出会った企業での就業など、休学をして本気で

働くことを選ぶ人もいます。アルバイトとはまた違った感覚で、事業に責任を追い、真剣に取り組んでみる

期間を設けた後の就職活動はまた一味違ったものになりそうです。

 

8.起業する



そして、最後は自分で会社や事業を起こす人も少なくありません。

世の中の仕組みを学ぶには、最適な方法でしょう。また、学生起業家と言われる人たちも多くいるように、

学生ならではのアイディアと行動力、情報収集力には私たちも勉強させられるところがたくさんあります。

もちろん、個人やフリーランスという形で独立をする人もいます。プログラミングやWEBサービスの開発を

行ったり、輸入や輸出代行をしていたりする人は、卒業後は就職をせず、そのまま取り組み続けるケース

も あります。

 

さいごに



休学には色々な理由があると思います。全ての人の共通点はやりたいことに挑戦するため、

とも言えるかもしれません。ただ、休学を経験した多くの方が言うように、周りが休学をするから何となく、

大学生活が思ったより楽しくないといった、「逃げ」の休学にならないようにしっかり自分と向き合って

考えることが基本です。 そして、もし休学をして貴重な経験を得られたら、休学を応援してくれた周りの

人にしっかり感謝を 伝えることを忘れないように心がけましょう。

2014年9月29日

written

by nana-tochikubo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop