現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月25日更新

お酒の飲めない大学生が飲み会を楽しむ5つのコツ

1581 views

 お酒があまり飲めなくて、みんなと同じように飲み会を楽しめないのが悩みです…(大学1年生・男性)


 

宴会

© taa22 - Fotolia.com

 

1 食事を楽しむ



アルコールが飲めなくても食事は十分楽しめます。むしろ、お酒で味覚が麻痺していない分、正確に味を堪能することができます。

大学生の場合だと、比較的安価な居酒屋や飲み放題・食べ放題などのお店のことも多いかと思いますが、いずれにしても食事のメニューはかなり豊富です。

是非、食事を楽しんでください。しかも、複数の人数で来店していることで、かなりの種類のメニューを堪能することができます。様々なメニューを少しずつ味わえるということは、栄養バランスもとることができます。

もし、あなたが一人暮らしや普段から食事を適当に済ませている人であれば、飲み会の席での食事は、健康管理にうってつけの機会となります。そして、お気に入りのメニューがあれば、もう一回注文するというのもありです。数人で飲み会を行っている場合、同じメニューを2回頼んでも全く問題有りません。

そして、何より飲めない人は遠慮なく食事を頼むことができるという雰囲気があります。恐らく飲む人からすれば、割り勘などにして申し訳ない。。。という気持ちがあるからでしょう。それに、飲む人にとっては食事に興味がないこともあります。

飲むと食事が不要という人もいるくらいです。だから、飲めない人は敢えて様々なメニューを注文することで喜ばれることもあります。飲んでいる人にとって、ドリンクメニューは見ますが食事まで選ぶ余裕が無いとも言えます。

 

2 雰囲気を楽しむ



雰囲気は、好き嫌いがあるかもしれませんが、飲めなくても十分楽しめます。

お店の雰囲気や一緒に飲んでいる人達との雰囲気を楽しむのです。飲み会の席では、暗い雰囲気は無いでしょうから。

 

3 会話を楽しむ(酔っていないからこそ聞き出せる本音話を楽しむ)



会話は、酔っていないからこそ楽しめる部分でもあります。飲んでいる人は、翌日にそんな話したっけ。。。という人もいるくらいですから。それに比べて、必ず記憶にあると思いますので、話を楽しんでください。

普段、話す機会が少ない人と話してみるのもいいです、普段から一緒にいる人でも酔って本音を聞き出すということも可能です。アルコールで気持ちが大きくなっているのである意味、理性で制御されていた会話のリミッターがはずれ、本音を聞けることも多いです。

楽しくみんなの本性を知るのも楽しいですよ。

 

 4 新しい発見を楽しむ



の続きの部分もありますが、飲み会の席だからこそ見える部分が必ずあります。行動だったり、言動であったりしますが、普段とは異なる一面に出くわすことは多いです。是非、そのギャップを楽しんでください。

 

5 人間関係を築くことを楽しむ



少し高度なテクニックになりますが、コミュニケーション能力を高めることができます。周りの人達は、ある程度酔っているので、少々、無礼な質問やご法度な会話をしても無礼講だからということで済むことが多いのが飲み会の特徴でもあります。

だからこそ、酔っていないあなたは、色んな行動や言動を試すことで自分のコミュニケーションスキルをあげる体験をしましょう。どんどん楽しくなりますよ。

 

いかがでしたか。お酒を飲めなくても飲み会は楽しめるものえす。

自分なりの楽しみ方を見つけましょう!

2014年8月25日

written

by ぽにょ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop