現在17271個の困ったを解決できます!

2015月6月24日更新

睡眠の質を上げる、、、気を付けたい寝る時の姿勢とは

1497 views

寝ても寝ても眠いです。ちゃんと寝れていないのかもしれません。どういう風に寝ればいいでしょうか。(大学2年生・女性)


睡眠の質を上げるには、様々なグッズ等も出ていますが、ここでは主に寝る時の姿勢についてお話します。
当然、寝入ってしまってからの姿勢はコントロール不可能な部分もありますが、まずは、寝つきを良くする方法からお伝えいたします。

cat

 

仰向けで足を少し高くする



なぜなら、呼吸が一番スムーズにできるからです。

既に寝る時の癖として、横向きやうつ伏せなどの方もいらっしゃると思いますが、できる限り仰向けで寝るように心がけてみましょう。

慣れの問題ですので、最初は安心感が無いように感じますが、慣れれば全く問題ないです。

足を少し高くするというのがポイントになってきます。

方法としては、クッションをひざの下に入れるのが一番簡単です。

では、なぜ、足を少し高くするかということですが、血液とリンパ液を戻してあげるためです。

日常、重力により、水分が下へ下へと自然とたまっています。

従来であれば、これらの水分をふくらはぎの筋肉によって、うまく循環できるように人間の体は作られています。

しかし、今では椅子に座っている時間が非常に長いです。

起きている時間の中で、座っている時間がどのくらいあるか、考えてみてください。

 

座っている時間が実は睡眠に影響を



例えば、食事をしている時、勉強をしている時、PC作業をしている時、ゲームをしている時、電車で移動している時、車に乗っている時・・・みなさんは、どのくらいの時間を座って過ごしていますか?

この座っている時間が実は、睡眠にも影響を与えています。

座ることで、ヒップは潰され、足の付け根の血管も押し潰されています。

もちろん、心臓の拍動によって血液は流れていますが、戻ってくるのをせき止めてしまっているのです。

そう、これらがむくみとなります。むくみには、本来であれば、尿中に不要物として排出されるべきであった物質が多く含まれています。

このことが原因で、体全体の液体がよどんでいる状態を作り上げてしまいます。

それらは、疲労物質でもあり、何だか疲れているという状態になってしまいます。

そこで、主に下半身にたまったリンパ液と血液を戻してあげることで、正常に老廃物は尿中や呼気として排出することができます。

このように不要な物質を取り除くことで、睡眠の質を上げ、深く眠ることができ翌朝もスッキリと疲れがとれているという状況を作ることができます。

 

うつぶせと横向きのキケン



横向きで寝る女性

この他、うつぶせ寝と横向き寝の危険性についてお話したいと思います。

これらの姿勢は、顔を圧迫した状態にあります。

そして、歯茎も圧迫しています。実は、この習慣を続けていると、顔が左右で不均一になるということをご存じでしょうか?

偏った圧迫により、歯並びや食事をする際の片噛みにも繋がるのです。

これは、本当に危険です。もちろん、完璧に左右対称な人間はいませんが、あまりにも片方の目が小さかったり、ほほの高さが違ったりする人を見かけることはありませんか?

恐らくこれらの人の多くが寝るときの癖から、食事を噛むことの癖へと繋がっています。

 

できる限り、均等に使うことで体のバランスがとれ、睡眠の質を上げることに繋がります。

ですから、是非、良いスパイラルの方へ自分の身体を持っていくためにも仰向けかつ足を少し高くして寝る姿勢を意識してみてください。

2015年6月24日

written

by ぽにょ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop