現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月27日更新

お金が貯まる人が実践している貯金方法とは?

297 views

貯金がしたくてバイトもしているのに一向に貯まりません…(大学2年生・男性)


財布を持つ女の子

© naka - Fotolia.com

 

増税もされて値上げもされ…生活用品が高くなりました。


高給取りの人には関係のない話かもしれませんが、やはり殆どの人は


「節約」を考えるのではないでしょうか。



 

お金を貯める事はダイエットと少し似ています。


入るものと出るもののバランスが大事です。



 

節約する気がない人は、入るお金を増やすしかありませんが、


ここではお給料はそのまま、貯金を増やす方法を考えてみましょう。



 

1、固定費を見直す



携帯に余計なサービスを付けていたり毎月「何となく、当たり前」と思って


払っているものでも見直せる場合があります。数百円、数千円であっても年間で


考えると、大きく変わってきます。



 

つけっぱなしにしていることが当たり前の電源を消したり、電気代や水道料金を見直すことも有効です。

 

2、先取り貯金



先取り貯金とは言葉の通り、給料天引きや自動積立でお給料から「先に」お金を引いてしまう貯金方法です。


決まった貯蓄先をすぐに考えられない場合は、貰ってすぐ別の口座に移したり、古典的ですが壊さないとお金を出せない貯金箱に入れてしまうのも良いです。



 

使った残りを貯めようとしても、大抵の場合は失敗します。


先に引いておいて「これだけしかない」中でやりくりする方が効果的です。



 

3、コンビニ、100均を多用しない



コンビニは大抵の場合、セール等はなく商品は高めです。

辛い仕事が終わってへとへとの帰宅帰りに、自分へのご褒美としてスイーツを買う事は、仕事への励みにもなりますしたまになら良いでしょう。


でも、それが毎日続いたり、安いお店まで行くのが面倒だからと言う理由でしょっちゅう利用していると、1回毎のお金は大したことがなくても、一か月、一年で考えると大きいですね。


100均はつい「安いから」と余計な物まで買ってしまいがちです。



 

それは本当に必要な物なのか、自分がしっかり使いこなすものなのか考えて買いましょう。


ガムテープや便箋など、安い分普通のお店より分量が少なくなっている事が多いので、どちらが自分にとって良いかも考えて買いましょう。



 

4、借金をしない



借金はしていないし大丈夫と思う人でも「ローン」していませんか?


何回払い、を利用していませんか?


長い人生の中で「車」や「家」など、高価な物を買う時に、仕方なくローンをくむことはあるでしょう。



 

ですが、出来るだけ頭金を貯めたり、今必要のない物は買う価値があるのかよく考えて、無理のない支払いをしましょう。

 

5、食費を見直す



食費は生活の中で削りやすい部分です。


一人暮らしの人は出来るだけ自炊して、実家暮らしの人も出来る限り外食を見直してみましょう。



 

友人との外食は楽しいですし、時には付き合いも大切です。


ですが、高い頻度でカフェやレストランに行っている場合は、確実に貯金に響いてきます。


メリハリが大切です。


無理をして粗食を続けたり食事を取らない等は、勿論体に良くありませんし、体を壊して高額な医療費がかかっては意味がありませんので論外です。



 

貯金や節約を考えすぎて、気持ちに余裕がなくなるまで頑張る必要はありません。


貯金だけが人生ではないからです。



 

でも、お金がある事で叶う事、出来る事も沢山あります。


現実社会で生きていくためにはどうしても必要なものです。


頑張る時は頑張って、時には自分へご褒美も良いでしょう。


貯金をして何をしたいか、自分の人生を考えるきっかけにもなるかも知れませんね。



 

 

2014年8月27日

written

by atu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop