現在17272個の困ったを解決できます!

2014月8月30日更新

お酒好きにオススメの資格検定一覧【ビール・ワイン・日本酒・焼酎】

6144 views

とにかくお酒が大好きです!ただの飲み会好きの枠を越えて、自分で美味しいお酒など探して飲んでいます。せっかくなのでしっかりと知識をつけたいのですが、お酒に関する資格ってありませんか?

(大学3年生 男性)




画像引用:pakutaso

勉強やアルバイト、果ては日々のエクササイズが終わったあとのお酒っておいしいですよね。
体に支障が出ない程度に、適度に楽しみたいものです。

でも、ただ漫然と飲むよりは、それに関する知識を得てから飲んでみるのも面白いと思いませんか?
そこで、お酒好きにオススメの資格・検定についてまとめてみました。

 

ビール好きならチェックしたい「日本ビール検定(びあけん)」



飲み会ドリンクの定番、ビールにも検定はあります。
「日本ビール検定(びあけん)」とは、そんなビールにまつわる知識について横断的に問われる検定です。

ビールが造られる過程、ビールが売られる過程、

ビールを使ったカクテルに関する問題など、出題範囲は幅広いです。
とはいえ、一番最初の3級、およびその上の2級については、

公式テキストをしっかり勉強すれば対処できるレベルになっています。

この検定を受けたあとは、おいしくビールが飲めるようになっているでしょう。

<受験料>3級:4,600円、2級:5,150円(併願の場合は9,250円に割引あり)
<検定公式サイト>http://www.beerken.com/

 

日本酒のよさをもっと勉強したい人へ「日本酒検定」



本当においしい日本酒を飲めば、多くの人が日本酒のよさに気づかされるもの。
「日本酒検定」は、日本酒について幅広い知識を問う検定です。

きき酒師とは違い、テイスティングの試験はないので、勉強のハードルも低くなっています。

3級から始まって、2級、準1級、1級と4つの段階に分かれている試験となっています。
とはいえ、2級以降の試験を受験するには、その前の段階の級に合格している必要があるので、

実際は3級から受験することになるのがほとんどです。

公式テキストを読み込み、日本酒を飲むときは、

テキストに書いてあることを復習するようにすれば、結果はついてくるでしょう。

<受験料>3級:3,650円、2級:4,200円
<検定公式サイト>http://www.ssi-w.com/?page_id=2394

 

お酒といえば焼酎!派の人へ「焼酎検定」



九州生まれの方のみならず、最近はどこでも人気があるのが焼酎。
お酒について勉強するなら好きなものについて勉強したい、という人に受けて欲しい検定です。

こちらも、テイスティングの試験はないので、

テキストで知識を得て、それをテストで発揮すればいい試験になっています。
焼酎の歴史、作り方からお酒を飲むときのマナーやモラルまで、多岐にわたる出題が特徴です。

受験する場合は、テキストの知識だけではなく、実際に焼酎を飲んで「これはどういう風にできているか」

「このお酒の歴史は」など確かめてみるといいかもしれません。

<受験料>3級:3,650円、2級:4,200円
<検定公式サイト>http://www.ssi-w.com/?page_id=2450

 

ワインが似合う大人を目指す人へ「ワイン検定」



ワインというと、難しいと思ってしまいがちです。
そこで体系的に知識を学び、ワインをおいしく飲めるようになりたい、という方にオススメなのがワイン検定です。

この検定は日本ソムリエ協会が主催する検定で、

レベルごとに「ブロンズクラス」「シルバークラス」と分かれています。
ワインが好きな人はもちろん、将来、サービスの仕事につきたい、

キャビンアテンダントなどワインの知識が必要とされる仕事をしたい、という人は受験して損はないでしょう。

<受験料>ブロンズクラス:8,220円、シルバークラス:10,000円(合格後に認定料が必要)
<検定公式ページ>http://www.winekentei.com/

 

いかがでしたでしょうか。
普段、何気なく飲んでいるお酒も、勉強した上で飲むとまた味わいが変わってくるもの。
体系的に知識を得て、楽しくお酒を飲みましょう。

 

2014年8月30日

written

by あねぱん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop