現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月19日更新

海外での就職を真剣に考えるなら知っておきたい8のこと

170 views

海外で就職をするか迷っています。(大学3年生・男性)


海外での就職を考えている方は、どのような会社に勤務するのか、をしっかり見定めましょう



例えば日系の会社に就職する時には、各分野の仕事をしている会社を選択します。また会社によっても社風などがありますので、就職する前によく勤務についての調査を行っておきましょう。

1 海外での就職を真剣に考えるなら知っておきたい確認したいこと  海外 就職     海外での就職を考えているならば知っておきたい事実・情報などをしっかり把握し、情報収集を行いましょう。

2 また国によってもかなりの違いがあります。国によっての文化や、習慣が違いますので、選択する国によって、利用の仕方が変わります。

3 海外での就職には、給料日を受け取る日が月二回の国、等もあります。また支払うべき税金の金額や、健康保険なども左右することになります。

4 健康保険に加入していない方は海外でも医療費が高額になることもありますので、滞在における注意点を確認しておきましょう。

5 また現地の治安情勢にもしっかり気をつけて確認しておきましょう。海外で、仕事ができるのは他の国での長期の滞在をすることになります。あまりなれない国や、アラブ、南米、アフリカなどでは現地での争いなどに巻き込まれないように、安全感知能力なども非常に求められる課題です。

6 またテクノロジーの発達やインターネットが十分な速さで使用できる国かを確認しましょう。

7 現地の物価と自分が手に入れる給料によっても違いがあります。

8 海外の資本の国での会社では有給が何日取れるのか、またボーナスなどがある会社もありますので、入社前に確認しておきましょう。

新人ビジネスマン

© taa22 - Fotolia.com

現地での入社は全て現地の言葉でのコミュニケーションを行う



現地での入社は全て現地の言葉でのコミュニケーションを行うことになりますので、現地の言葉をネイティブ並に話すことで、しっかりとその国の社会貢献を行うことができます。

現地の物の値段を知りましょう



これを理解していればしっかりと現地に合わせた生活ができるようになります。日本での生活ではなく、現地の生活に馴染んでいくことになります。

現地の習慣や宗教を確認することが大切です。しっかり礼を尽くし、感謝すること、喜びを忘れずに人々と平和的にフレンドシップを図ることが出来るコミュ二ケーション能力が必要です。

基本的にどの国でも英語を今日つごとして話しますが教育が低い国は現地の言葉のみしか話しません。海外での就職を考えているならば知っておきたい事実や情報を外務省のホームページで確認することができます。

 

学校で習う英語と英会話の違いもあります



義務教育で習った英語を話すだけで、英語を話せるとは言えません。特に海外勤務などの方は英語をネイティブレベルに話しますので、しっかり基礎から、何年もかけて英語での会話を上達させるものです。英語を覚えても忘れないように話をできるようにしましょう。

英会話の基礎は挨拶です。また現地の挨拶の言葉などは絶対的に必要になります。特に現地での会社に就職する際には、自分の自己紹介をできるくらいにまで現地語を話せるように最低限しておく必要があります。現地についての自己分析が必要です。

 

2014年9月19日

written

by hitachi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop