現在17271個の困ったを解決できます!

2015月6月24日更新

実は悪化させてる!?花粉症によくない食べ物

212 views

花粉症がひどいです。どうしたらいいでしょう?食べ物など気軽にできる対策を知りたいです。(大学2年生・女性)


花粉症の女性

目はかゆくて涙がボロボロ止まらず、鼻もグズグズして鼻水が止まらない・・・といった症状に悩まされている人も多いのではないでしょうか。

花粉症と食べ物に実は深い関係があることはご存知でしょうか。

食べると症状を悪化させてしまう食べ物があるのです。ここでは、その代表的なものをご紹介いたします。

 

動物性タンパク質



肉脂に含まれる「アラキドン酸」は、肉自体の「タンパク質」とともにアレルギーの原因になります。

アラキドン酸から生まれる「ロイコトリエン」が、アレルギー反応を悪化させると判明しています。

花粉症には魚を食べることをおすすめします。

魚に含まれるIPAやDHAといった成分にアレルギーを抑える効果があるのです。

花粉症の時期には、肉食より魚食がいいでしょう。

 

植物油



ベニバナ油やコーン油などの植物油は、リノール酸を多く含みますが、このリノール酸は体内でアラキドン酸に変わるのです。

油を使用する際には、オリーブオイルにはリノール酸があまり含まれていないのでオリーブオイルを使うことをおすすめします。

 

白砂糖



精製された白砂糖もアレルギーの要因になると言われています。

ケーキやチョコレートなど甘いお菓子もアレルギーを抑えるためには我慢が必要ですね。

飲み物も砂糖の入っていないものを飲むとよいでしょう。

 

小麦



日本は小麦粉をほぼ海外からの輸入に頼っています。

海外からの長時間の運輸に耐えられるように殺虫剤や防腐薬品の使用が許可されているのです。

それらに含まれる化学物質がアレルゲンの花粉と結びつくとアレルギー反応が起こります。

花粉症の時期には朝食もパンよりご飯がよさそうですね。

 

刺激物



唐辛子などの刺激物も、アレルギー症状を悪化させてしまうため控えた方がよい食べ物です。

鼻の粘膜の毛細血管を広げ、うっ血や充血を引き起こしやすくするのです。

その結果、鼻づまりがひどいなどの症状を引き起こします。辛いものが好きな人も花粉症の時期には我慢した方が無難ですね。

 

アルコール



お酒

アルコールも刺激物同様に鼻の粘膜を刺激してしまうので控えた方がよいとされています。

飲み物では、温かい飲み物が血の流れをよくして、鼻づまりに効果があるようなのでおすすめです。

花粉症の時期は休肝するのがよさそうですね。

 

ヒスタミンを含む野菜



かゆみの原因となるヒスタミンを含むとされる野菜も控えた方がいい食べ物です。

ヒスタミンを含む野菜にはトマトやナス、ほうれん草、などがあります。

同じ野菜でもシソやネギにはアレルギー症状を抑える効果があるようです。

 

ハム・ソーセージ



ハムやソーセージに含まれる発色剤がアレルギー症状を引き起こすようです。

花粉症の時期には、加工食品はなるべく控えた方がよさそうですね。

 

このように花粉症の症状を悪化させてしまう食べ物は実は多くあります。

花粉症の時期には、食べる物にも気をつけて症状を悪化させないようにして乗り切りたいですね。

2015年6月24日

written

by komina


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop