現在17272個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

良いの?悪いの?モロッコの治安

1178 views



モロッコに行ってみたいのですが、治安が心配です…(大学3年生・女性)



モロッコ 街並み


© danmir12 - Fotolia.com


アフリカ北西部に位置するモロッコ王国は、


欧州、中東、アフリカのそれぞれの文化が混在した観光立国です。


近年では、美容大国として伝統料理や化粧品が日本で注目を浴びており、女子力を上げる旅としてもメディアに取り上げられています。



その反面、都市部でのテロのニュースも耳にしますね。


実際にモロッコの治安はどうなのでしょうか。


犯罪被害例


モロッコはアフリカ大陸の中でも比較的安全な国だと言われています。


しかし高い失業率で貧困層も多いこの国では、観光客は犯罪に巻き込まれがちです。


報告に上がっている統計を見てみると、強盗や窃盗の被害が全体のおよそ9割を占めており、殺人や強姦は1割にも満たない数字です。


では具体的に実際に被害にあった例を見てみましょう。


内観光中に後ろからきたバイクにバックをひったくられる。


市内を散策中はつい景色に夢中になり、自分の手荷物から目を話してしまいがちです。


肌身離さずに持っているとはいえ、どこから狙われているか分かりません。


手荷物は極力道路側に向けて歩かないようにしましょう。


現地の人に話しかけられて、暫く話をしている間にバックの中の貴重品を盗まれる。


旅の醍醐味は現地の人とのコミュニケーションですね。


しかし、中にはその隙を狙って話しかけてくる輩も少なくありません。


また複数での犯行の可能性もありますので、親切に話しかけられたからといって安易に話に乗らないようにしましょう。


早朝にホテルの周辺を散歩していたところ、刃物をもった男に脅されて財布を盗まれる。


旅行中は時差ボケも手伝ってか、早朝から活動したくなる気持ちもわかりますが人気の少ない時間帯は犯罪にあう確率も高くなります。


実際に被害に遭われている方の8割以上は16時~早朝の間にトラブルに巻き込まれています。


散策中に現地の人に話しかけてこられ、勝手に道案内をされたあとにチップを要求してこられる。


目的地を探しながら歩いていると、現地の人から話しかけてこられる事もしばしば。また後ろからついてきて金銭を要求されるケースも発生しています。


自分で目的地まで行けそうなのであれば、話しかけられても相手をせず付きまとわれる場合にははっきりと自分で行ける旨を伝えるようにしましょう。



トラブルに巻き込まれないために


日本人観光客は裕福だと思われているため、犯罪のターゲットになりがちです。


観光中は極力華美な服装は避けましょう。


一人で外出する際には人気の少ない時間帯や場所は避けましょう。


上記でお伝えしたとおり、夕方から早朝にかけての時間帯は犯罪にあう確率が高いです。


どうしても野外を歩く際には、人気の多い場所を選びましょう。


金銭はいくつかに分けて持ち歩くようにしましょう。


買い物中などに財布の中身を見られると窃盗のターゲットにされてしまう場合があります。


ガイドが必要な場合は公認ガイドを雇いましょう。


現地で頼んでもいないのに道案内をされて高額な金額を請求されるよりは、事前にツアーに申し込んでおくか3ツ星以上のホテルで公認ガイドを紹介してもらう方が良いです。


公認ガイドを雇う場合でも予めツアー内容と金額を確認される事をオススメ致します。



またテロに関しても、極力ニュース等で情報を得るようにしてテロが起こりやすい場所には近づかないようにしましょう。


テロが起こりやすい場所としては、欧米関連の施設、イスラム協議に反する施設、デモ、スーパーマーケット等です。




いかがでしたか。


ちょっとした対策を心がけるだけで、多くのトラブルを未然に防ぐことができます。


防犯対策をしっかりして魅惑の国モロッコを思う存分楽しみましょう。

2015年10月7日

written

by tc_wk


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop