現在17272個の困ったを解決できます!

2014月8月26日更新

鹿児島の定番観光地ランキング10選

1704 views

鹿児島旅行に行くことになりました!定番スポットを教えてください。(大学2年生・男性)


 

暑い季節だからこそ、あえての南国・鹿児島へ!


九州の南、鹿児島には雄大な自然や歴史を感じるスポットが目白押し。



 

美味しいものやパワースポットもあって、どれから制覇するか迷うところ。


というわけで今回は、その中でもゼッタイはずせない定番観光地を10か所ご紹介します!



 

 

■桜島



言わずと知れた、鹿児島のシンボル「桜島」。市内から4kmほどの錦江湾上にどっしりとかまえています。


2万6000年前に火山活動が始まったといわれ、活火山として今も噴煙を上げるその姿は雄大そのもの。



 

鹿児島市内からフェリーで約15分という近さだから、気軽に上陸できるのも魅力。せっかくだから島に渡って、


火山の恩恵ともいえる温泉や豊かな食材を楽しむのもいいですよね。




◎JR鹿児島中央駅 →(車5分) →鹿児島本港桜島フェリーターミナル →(フェリー15分)→桜島港


◎画像出典:みんなの桜島 http://www.sakurajima.gr.jp/



 

 

■指宿 砂むし風呂



薩摩半島の最南端・指宿の名物は、やっぱり「砂むし風呂」。


温泉の地熱で温まった砂を「砂かけさん」と呼ばれるオバサマたちがたっぷりかけてくれます。


全身すっぽり砂に埋まったところは、お願いすれば撮影もしてくれます。



 

短時間で汗をたっぷりかくことができて、デトックス効果抜群な、女子必見のスポット。


ちなみに、指宿までは観光列車「指宿のたまて箱」で行くのがおすすめ。


白と黒のツートンカラーの車体が特徴的で、駅に到着するとたまて箱から出る煙をイメージしたミストの演出も。





◎アクセス:JR指宿駅から車で5分

◎画像出典:いぶすき総合観光サイト http://youkoso-ibusuki.com/

 

 

■屋久島



世界自然遺産「屋久島」。外周130㎞、車なら1日で回れる島は、パワースポットとしても知られる鹿児島屈指の観光地です。


樹齢7200年の縄文杉を見られるトレッキングコースは、およそ8時間という深く険しい道のり。



 

装備と体力をしっかり準備してのぞみたいところ。ちょっぴり大変だけど、それだけに縄文杉に出会えた時の感動はひとしお。


パワーをたっぷりもらってきたいですね。




◎アクセス:フェリー/鹿児島本港南埠頭から高速船で1時間45分


飛行機/鹿児島空港から飛行機で35分


◎画像出典:屋久島町公式サイト http://www.yakushima-town.jp/



 

 

■白熊



鹿児島でゼッタイはずせないスウィーツ「白熊」は今や全国区と言える存在。


発祥のお店「天文館むじゃき」の「白熊」は、大きなミルクがけかき氷にたっぷりとフルーツをトッピング。


シロクマの目と口はレーズンであしらわれ、食べる前にはゼッタイ写真を撮りたいキュートさ。



 

定番のミルク味以外にも、ストロベリーやヨーグルトなど様々な味も楽しめるから、友だちと大勢で行くのがおすすめ。


喫茶はいつも混んでいるから、テイクアウトで街歩きしながら楽しむのもいいですよね。




◎アクセス:JR鹿児島中央駅 →(市電約8分) →天文館通下から徒歩約3分


◎画像出典:天文館むじゃき http://www.mujyaki.co.jp/



 

 

■本坊酒造



鹿児島に来たら焼酎も味わいたいところ。そして、夜の街でいろんなお酒を堪能したら、ぜひ一度訪れたいのが酒蔵。


鹿児島市の「本坊酒造」では、パネルとスタッフの解説で美味しい焼酎ができるまでの工程を楽しみながら知ることができます。



 

おまけに入場無料で、試飲も可能なのが嬉しいポイント。


県内にはほかにも蔵見学を行っているところがあるので、お気に入りの酒蔵を見つけてみるのもオトナの楽しみ方としてオススメです。




◎アクセス:JR指宿枕崎線谷山駅から車で10分


◎画像出典:本坊酒造 http://www.hombo.co.jp/



 

 

■ツル観察センター



鹿児島県出水市には、世界一のツルの飛来地があります。


11月から3月中旬までは「ツル観察センター」がオープン。


2階建てのセンターからは360度の大パノラマで1万羽のツルを観察できます。



 

出水に来る際ぜひ利用したいのが、肥薩おれんじ鉄道の観光列車「おれんじ食堂」。


九州で唯一、着座式でしっかりとした食事を提供する観光列車です。



 

九州西海岸の絶景を眺めながら美味しい食事を楽しめる列車の旅は、


ほかでは味わえない体験になること間違いなしです。




◎アクセス:肥薩おれんじ鉄道出水駅から車で10分


◎画像出典:クレインパークいずみ http://www.city.izumi.kagoshima.jp/izumi_crane/default.asp



 

 

■霧島神宮



6世紀に創建された由緒ある「霧島神宮」は今、パワースポットとしての人気が高まっています。


朱塗りの美しい社殿は、300年前に薩摩藩主島津家の21代当主・島津吉貴が建立したもので、


国の重要文化財です。



 

一番のおすすめは秋の紅葉シーズン。カメラ女子にも嬉しい見事な風景を見せてくれます。


◎アクセス:電車/JR日豊本線 霧島神宮駅から徒歩10分


車/九州自動車道 溝辺鹿児島空港I.C.から40分


◎画像出典:霧島神宮公式サイト http://www.kirishimajingu.or.jp/index.html



 

 

■知覧



江戸時代の面影が残る「知覧武家屋敷庭園」は、「薩摩の小京都」とも言われる静かな空間が広がる場所。


まっすぐな生垣が続く武家屋敷通りは整然としていて、気持ちまですっきりとします。


昔はこの道を武士やお姫様が通ったと思うとなんだか不思議な気分。




また知覧には、戦争と平和について考えることができる「特攻平和公園」があります。


知覧飛行場は第二次世界大戦で特攻基地となった、悲しい歴史を持つ場所。


今だからこそ知りたい戦争のこと、ちょっと考えてみませんか?



 

◎アクセス:


知覧武家屋敷庭園/鹿児島市山形屋バスセンターからバスで80分


特攻平和公園/JR鹿児島中央駅からバスで1時間15分、特攻観音入口下車


◎画像出典:南九州市公式サイト http://www.city.minamikyushu.lg.jp/cgi-bin/index.cgi



 

 

■吹上浜



日本三大砂丘のひとつ「吹上浜」。いちき串木野市、日置市、南さつま市の3市にまたがるおよそ47kmの大砂丘は迫力と壮大さいっぱい。


毎年ゴールデンウイークに行われる「吹上浜 砂の祭典」は、30回近い開催回数を誇る定番イベント。


テーマに沿った砂像が多数並び、ライトアップや花火も楽しめます。




◎アクセス:鹿児島中央駅からバスに乗車、加世田で乗り換え15分


◎画像出典:「吹上浜 砂の祭典」公式サイト http://www.sand-minamisatsuma.jp/



 

 

■磯庭園「仙巌園」



桜島を背景に利用したスケールの大きな“借景庭園”「仙巌園」。


歴代の島津家当主に愛され、29代当主忠義が本邸として使用していた御殿は、現在内部を見学することができます。


有料のガイドツアーに参加して、もっともっと深く歴史と文化を知るのもおすすめです。




◎アクセス:JR鹿児島中央駅からカゴシマシティビューで約25分 仙巌園前下車


◎画像出典:仙巌園公式サイト http://www.senganen.jp/



 

 

いかがでしたか?


定番スポットだけでもいろんな顔を見せてくれる鹿児島観光。


すこ~し長めに時間をとって、旅したいですね。



 

2014年8月26日

written

by ゆ。


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop