現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月6日更新

インドネシアで人気の観光スポット7選

744 views

インドネシアに旅行に行くことになりました。

初めて行くので、定番スポットを回りたいです!(大学3年生・女性)


 

インドネシア共和国、通称インドネシアは東南アジア南部に位置する国です。


また、5,110kmと東西に非常に長く、世界最多の島々を抱える国です。



 

海に囲まれた美しい島々、歴史を感じさせる町並み、様々な観光スポットがありますよね。


今回はそんなインドネシアの人気観光スポットをご紹介いたします!



 

 

ボロブドゥール遺跡



 



出典

 

ボロブドゥール遺跡は、インドネシアのジャワ島中部にある大規模な仏教遺跡です。


世界最大級の仏教寺院であり、「ボロブドゥール寺院遺跡群」の一部として世界遺産に登録されています。



 

ここでおすすめしたいのがボロブドゥールのサンライズです。


空が白み始めるとボロブドゥール遺跡の周囲に霧がたちこめ、その霧に次第に太陽の光が差し込みます。


その時のストゥーパ(仏塔)の幻想的なシルエット、太陽が昇りボロブドゥール遺跡全体が朝陽に赤く染まる姿は、まさに絶景です。



 

日の出30分前からストゥーパ(仏塔)の頂上部で朝日が昇るのを待つツアーもありますので是非参加してみてはいかがでしょうか。



 

 

トバ湖



 



出典

 

トバ湖は、インドネシアのスマトラ島北部にある世界最大の火山活動でできた湖です。


長さ100km、幅は約30km、最大水深530mで、面積は1,000km2にもなります。


湖中にはサモシール島と呼ばれる火山島があります。



 

ここは、避暑地として古くより愛され、美しい景観にであえる場所です。


また、トバ湖周辺はトバ・バタッ文化の中心であり、船の形をした伝統家屋や石棺など独特な文化を見ることができます。



 

 

タナロット寺院



 



出典

 

タナロット寺院は、インドネシアはバリ島中西部の海岸にある寺院でバリ六大寺院のひとつです。


干潮時には陸続きとなり、歩いて渡ることができます。


また、夕暮れ時には美しいシルエットを形成し、多くの人を魅了しています。



 

タナロット名物のクレポンはタナロット寺院に行ったら是非食べてみてください。


パンダンハルムという植物で色を付けたお餅でグラメラ(椰子砂糖シロップ)を包み、ココナッツフレークを掛けたお菓子です。



 

 

モナス



 



出典

 

モナス は、インドネシアの首都ジャカルタの中央ジャカルタ地区にある公園「ムルデカ広場」の中心部にある国家独立記念塔の名称です。


エレベーターが設置され、最上部は展望台になっており、ジャカルタ市内を見渡すことが出来ます。



 

インドネシアの町並みをここから見渡してみるのはいかがでしょうか。


また、中には独立までの歴史のジオラマが展示しており、インドネシア語表記が読めなくても理解できるようになっています。



 

 

ブロモ山



 



出典

 

ブロモ山はジャワ島のスラバヤの南にあり火の神が住むと言われ、ヒンドゥー教の聖地として知られています。


また、東ジャワ島随一の景勝地で、幻想的なサンライズはインドネシアで1番美しいともいわれています。



 

直径10キロ以上の巨大なカルデラも壮大で、まるで砂の海の様になっています。


また、馬で火口付近を散策することもできます。



 

 

ウブド



 



出典

 

島全体がひとつの芸術品ともいえるバリ島ですが、その中でもウブドは能と芸術の中心地として世界に知られた芸術村です。


寺院祭礼や儀式もバリ島随一のきらびやかさを誇っています。



 

また、町中には伝統絵画から現代的な作品まで幅広い芸術作品を展示したギャラリーや美術館も多くあります。


毎晩のように伝統舞踊の公演が開かれているので華やかな夜を楽しむことができます。



 

 

レンボガン島



 



出典

 

レンボガン島はサヌールやヌサドゥアから沖に見える、バリ島の東沖に浮かぶ島です。


天草の養殖が有名で、今なお伝統を守った素朴な漁村風景を漂わせています。



 

ここでのおすすめは何と言ってもダイビングです。


バリ島随一のダイビングスポットとして名高く透明度の高い海は、大型回遊魚や大物にあえます。


島の南側では、マンタはもちろん、マンボウや巨大なスティングレイが現れることもあります。



 

 

いかがでしたでしょうか。


インドネシアにはバリ島だけでなく、豊かな自然や文化に触れられる貴重な場所です。


是非これを参考に行ってみてはいかがでしょうか。



 

 

 

2015年4月6日

written

by mayu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop