現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月21日更新

「記念日好き」カップルが長続きしない3つのワケ

13965 views

 わたしは「記念日」を大切にしたいタイプなのですが彼はあまりよく思っていないようです。なぜなのでしょうか。良くないのでしょうか。(大学2年生・女性)


ぎくしゃくしたカップル© Ljupco Smokovski - Fotolia.com

あなたは記念日好きですか?

記念日が嫌いな人はいないと思いますが、ただただお祝いをしたいからといって、
記念日を増やしすぎるのは間違いの元です。

今回は、記念日好きなカップルが長続きしないワケを、三つ上げてみました。
当てはまったら要注意かもしれませんよ。

 

記念日を忘れてしまい、ケンカになるから



一番多いのはこのパターンでしょう。
男性は、結婚記念日でさえ忘れてしまう生き物です。

ケンカになる場合もありますが、「なんで忘れるの!?」と、彼氏が彼女に非難されるケースがほとんど。
別にキライになったわけでもなんでもないし、ただ「あっ今日がそうだっけ?」くらい、軽く考えている彼氏。
日にちなどはどうでもいい彼氏にとって、「俺そんなに悪いことしたの!?」と驚くほど
嘆く彼女を必死で謝ってご機嫌とりじゃ、たまったものじゃありませんよね。

また、記念日が多すぎてありがたみがなくなるパターンも、忘れる原因のひとつといえるでしょう。
今週二度目のナントカ記念日、今月はあと何回記念日があるのか、もはや把握できていません。

女性は、「はじめて料理を作った日」「はじめてデートした日」など、「はじめて」が大好き。
あげく、「ケンカしてはじめて仲直りをした日」なんて記念日があっても、
思い出してまたケンカ…なんてしてしまったら、何の為の記念日だかわからなくなってしまいますよね。
その日にうっかり友達と遊びにいく予定が入っていたら、これまたケンカの原因になることは目に見えています。

お互いの誕生日と、付き合った記念日以外は、もはや何の記念にもならないのでスパッとなくしてしまいましょう。
価値ある物は、少ないからこそ価値があるんです!
数より、質を高めてみましょう。

 

記念日の出費がかさんで重くなるから



クリスマス・誕生日などの記念日だけでも、プレゼントの出費がすごくなります。
たとえば、去年高いものにしたから、今年は安いものに…というわけにはいかず、
少しずつグレードアップしていくとなると、バイトのシフトを増やしてみたりすることで、
今度は会う時間が少なくなってしまうという、悪循環を作り出して、記念日を重くしてしまうパターンです。

記念日が大事なことはもちろんわかりますが、
過去の出来事より一緒にいる今を大事にすることが一番大切なのではないでしょうか。

また、記念日の数より質、と書きましたが、質とはお金ではなく、お互いを思う気持ちだと思います。
お互いが一緒にいたければ、何も言わなくても一緒にいます。

たとえばクリスマスの時給がいい時にバイトをして、そのお金であなたへのプレゼントを買ってくれたとしたら、
彼氏は、あなたと一緒にいない時でもあなたを想う、ということですよね。
それは、とてもすばらしいことではないでしょうか。

 

記念日を軽く見ることが許せなくなるから



こんなに10日後の記念日が待ち遠しいアナタは、料理やプレゼント、何をするかいろいろ考えていますが、
彼氏がそれを忘れていたら、あなたは許せますか?

ひとつ忘れてはいけないのは、自分がしたいからプレゼントをし、料理を作っているんです。
それを、同レベルの見返りを求めてしまうと、いままでのウキウキが一変して怒りに変わってしまいます。

ただ、アナタにとっては記念日でいいんです。
はじめて作ったカレーをおいしいといってくれた日のことは、もちろん覚えていていいんです。
ただ、忘れないようにと彼氏に強要はしないようにしてください。

 

いかがでしたか?

ただし、いくら忘れっぽい彼氏だったとしても、アナタの誕生日だけは覚えてもらってくださいね。

2014年8月21日

written

by カイコ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop