現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月24日更新

【インド観光】人口第3位の街・コルカタの歩き方

5337 views

来月からインド旅行に行こうと思っています。マザーテレサの家があるコルカタに行きたいのですが
コルカタの歩き方について教えてください!(大学3年生 男性)


 

コルカタは、インド東部にある都市です。
コルカタは、英語読みでカルカッタとも呼ばれます。
人口はおよそ1400万人おり、世界屈指の大都市です。
コルカタには数多くの観光名所があります。
インドを観光するのであれば、コルカタははずせません。
そこで今回はコルカタの観光名所とそのアクセス方法をご紹介します。

 

観光スポットとアクセス方法



 

観光名所は数多いので全てはあげきれませんが、コルカタの主な観光名所をご紹介します。

1.カーリーガート



ヒンドゥー教の女神「カーリー」を祀った場所です。
寺院と沐浴場で構成されています。
カーリーは、「暗黒の女神」と呼ばれる神です。
そういう女神ですので、寺院の境内にはカーリーに捧げる為に毎日多くのヤギの首が並べられています。
コルカタの名前のカーリーガートが由来という説もあります。



出典:http://kolkata.clickindia.com/

 

●アクセス
市内から少し離れた場所にあります。
地下鉄カーリーガート駅から徒歩15分です。

 

2.ビクトリア記念堂



ビクトリア記念堂は、ビクトリア女王を記念した建物です。
その建物の美しさから、コルカタのタージ・マハルとも呼ばれます。
建物も美しいですが、建物内の美術品も見る価値のあるものばかりです。
また、近くには整備された公園があり、そこで一休みすることもできます。



総大理石で作られた荘厳な建物ですね。

出典:http://www.ab-road.net/asia/india/kolkatacalcutta/guide/01881.html

●アクセス
地下鉄RavindraSadan駅から徒歩10分です。

 

3.インド博物館



インドの中で一番歴史のある博物館。
様々な展示品が保管されており、見どころ満載です。
一日ではとてもまわりきれません。
保管されている展示物は、インダス文明(紀元前2000年前)から近代まで存在します。
インドの歴史を十分に感じることができます。
また、インド博物館には、日本語で説明してくれるオーディオガイドもあります。
英語に自信がなくても安心して楽しめます。



出典:http://www.kolkata.org.uk/religious-places/st-pauls-cathedral.html

●アクセス
ニューデリー駅から車で約15分です。

 

4.セントポール大聖堂



セントポール大聖堂は、1847年に建てられたキリスト教の教会です。
インド・ゴシック様式の建築物では、最古の聖堂である。
建物の美しさには目を見張るものがあります。
礼拝堂やステンドガラスが特に美しいです。
参拝時間は限られてますので、チェックが必要です。
また、内部は撮影禁止ですので、注意しましょう。



出典:http://www.kolkata.org.uk/religious-places/st-pauls-cathedral.html

●アクセス
RabindreSadan駅から徒歩15分です。

 

5.マザーハウス



 

マザー・テレサが晩年を過ごした家です。

お墓も同じ場所にあります。
マザー・テレサは1979年ノーベル平和賞を受賞していることで有名です。
マザー・テレサが実際に生活していた部屋も見ることができます。
また、マザーハウスは小さな博物館になっており、色々な展示物を見ることができます。
マザー・テレサがどういった活動をしていたのかをうかがい知ることができます。



マザーテレサは世界中の人々に愛されていました。

出典:http://motherteresa.org/03_learn/pilgrimage-to-Mother-Teresa-tomb.html

●アクセス
サダルストリートから徒歩5分

いかがでしたでしょうか。
東インドは一昔前にイギリスに支配されていたため、聖堂などの教会が多いです。
インドですがインドらしからぬ一面があり、コルカタは2重に楽しめる観光スポットです。
インドにお越しの際は、是非一度足を運ぶことをおすすめします。

 

2015年4月24日

written

by tc_wk


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop