現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月30日更新

シュノーケリングが楽しめるイタリア・青の洞窟とは?

663 views

友達とイタリアに旅行に行くことになりました。その時に是非青の洞窟に行こうと思っているのですが青の洞窟について詳しく教えてください。(大学4年生・女性)


青の洞窟をご存知でしょうか?
イタリア南部のカプリ島にある海食洞(かいしょくどう)のことです。
海食洞とは、波による侵食でつくられた洞窟のことです。
カプリ島には海食洞が多数存在しますが、青の洞窟はそのうちのひとつです。
青の洞窟は、神秘的な雰囲気の場所で、おすすめの観光スポットです。

青の洞窟

出典:http://www.capri.com/en/s/la-grotta-azzurra

 

なぜ青い?



太陽の光が洞窟に差しこみます。
青い光以外は海水中にて色を吸収されますが、吸収されなかった青い光は反射します。
この光が水面を青く光らせているのです。
これが、水面が青くなる理由です。
ですが、通常の海では光は水面に反射しません。
反射するためには、海面が白い砂地であることが条件です。
白い砂地は青い光を反射させるのです。
また、洞窟内に光がさしこまなければこのような現象も起きません。

青の洞窟

輝くような透き通った青。

出典:http://www.motoscafisticapri.com/

 

青の洞窟まで



まず、イタリア ナポリ駅を目指しましょう。
そこからタクシーを使い、モロベベレッロ港に行きます。
およそ10分くらいで着きます。
次は、船を利用しカプリ島マリーナグランデ港まで行きます。
およそ45分ほどかかります。
カプリ島についたら、青の洞窟行きのモーターボートに乗ります。
およそ20分ほどで、青の洞窟の入口に到着します。

カプリ

青の洞窟があるカプリ島

出典:http://www.motoscafisticapri.com/

 

 

洞窟内部の入り方



洞窟内部に入るときは、ボートでいきます。
入り口は非常に狭く、身体をかがめなくては進めないポイントもあります。
コバルトブルーに光り輝くときもあれば、紺色に輝く部分もあります。
ただ、海面があがると、洞窟内部に入ることができません。
近年地球温暖化の影響もあり、海面がどんどん上昇しています。
ですので、洞窟内部に入れるチャンスは年々減少傾向にあります。
いつでも青の洞窟に入れるわけではないので、その点は注意が必要です。
現地に行かなければ入れるかどうかわからないので、何とも難しいところです。
また、青の洞窟は世界的に人気のスポットですので、混雑が予想されます。
2、3時間待ちも覚悟しなければなりません。

青の洞窟

洞窟内は狭いので大型の船は入りません。

出典:http://www.motoscafisticapri.com/

 

洞窟内部



様々な困難を乗り越え、洞窟内部に入ることができれば青い世界が広がっています。
まるで宝石のような輝きを放っています。
自然が生み出した最高傑作でしょう。
ですが、洞窟内部は真っ暗で青く光る水面以外はほとんど見えません。
ボートに乗っている隣の人の顔が見えないほどです。
ですので、撮影する時はフラッシュにせずに撮影することをおすすめします。
また、洞窟内部はおよそ60メートルです。
ボートで一周するのですが、あっという間に終わってしまいます。
シャッターチャンスは少ないので、しっかり準備しておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
写真で見てもこの美しさが伝わると思います。
ですが、青の洞窟をナマで見たときの感動は、一生忘れられない感動になること間違いなしです。
是非一度現地に行ってナマで見ることをおすすめします。
また、洞窟内部に入れるチャンスは年々減っていると思ってよいでしょう。
絶対行きたい!と思っている方は、早めに計画をたてて行くことをおすすめします。

2014年8月30日

written

by tc_wk


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop