現在17274個の困ったを解決できます!

2014月8月20日更新

大学生にも多い!?生活に異常をもたらす、スマホ依存症の症状とは

3333 views

最近、朝目が覚めてから夜ベッドに入るまでスマホをいじっているんですが、これってヤバいですかね・・・?(大学2年・女性)


 

スマートフォンが急速に普及し、

今やスマートフォンを持っているのは当たり前といっても過言ではないような時代になりました。

スマートフォンは、電話やメール、インターネットはもちろん、動画を見たり音楽を聴いたり、

またSNSが快適に楽しめるという多くの利点を持っています。

特にTwitterやFacebook、LINEなどのSNSは、スマホが普及してから急速に広がりました。

従来の携帯電話ではできなかったたくさんのことができるようになり、

パソコンよりはるかに持ち運びしやすいため、その便利さにはまっていく人が多く、

いわゆるスマホ依存になってしまう人も少なくありません。

今回は、スマホ依存によってもたらされる日常生活への影響について皆さんにお伝えしようと思います。

スマホ依存症の女性

© miya227 - Fotolia.com

 

スマホ依存の症状



スマホ依存の主な症状として、スマホが手放せない、何をしていてもスマホが気になる、

トイレやお風呂にまでスマホを持ち込む、食事中にもスマホを見ている、意味もなくスマホを見てしまう、

などといったものがあります。

自分の行動を振り返ってみて、心当たりはありませんか?

 

スマホ依存になると具体的にどのような影響があるの?



 

1.ブルーライトによる目への影響



ブルーライトとはテレビやパソコン、そしてスマホなどの画面から出ている光に含まれるもので、

この光を浴びすぎると視力低下につながり、最悪の場合失明の原因となることもあります。

長時間画面を見続けたり、暗いところで画面を見続けたりすると疲れ目にもなりますね。

 

2.睡眠時間が短くなる



スマホに夢中になって睡眠時間を削ってゲームやネットをするようになり、

その結果体調が悪くなるだけではなく、次の日仕事や学校に行かなかったり

昼夜逆転してしまったりするというケースもあります。

 

3.現実社会でのコミュニケーションに支障が出る



スマホを手放せないために、人と話すときもスマホの画面を見ながらなのであまり話を聞いていない、

また一緒にいるのにスマホを見ていて会話がない、などのケースがあります。

ネット上に友達がたくさんいても、このように現実社会でうまく人と付き合えなくなるのは良くありませんね。

 

4.スマホがないと禁断症状が出る場合も…



例えば、友達と話しているときにもスマホをさわっている人は、

スマホの充電がなくなると期限が悪くなり、いらいらしたり友達とのコミュニケーションより

スマホのことばかり考えてしまうようになることもあります。

常にスマホのことを考えてしまうので、このようなことが起こるのです。

 

5.身体的な影響



長時間下を向いてスマホを操作していることで、姿勢が悪くなったり顔がたるんだりすることがあります。

これは老け顔の原因にもなります。

 

まとめ



いかがでしたか?スマホ依存の恐ろしさがお分かりいただけたでしょうか。

スマホの使い過ぎが引き起こす影響は、身体的な影響から人間関係など多岐にわたります。

便利なスマホの使い過ぎで人生が変わってしまうのは怖いですね。

皆さんもスマホの使い方について改めて考え、上手く利用して毎日を過ごすよう気をつけましょう。

 

2014年8月20日

written

by マユ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop