現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

明日大事な予定があるのに体が疲れてる…完全に疲労回復出来る睡眠方法

5958 views



明日、旅行に行くのですが疲れが取れずにいます。一晩で疲労を回復するにはどうしたらいいですか?(大学1年生・男性)



一晩で疲労回復するコツ


通常、一晩ぐっすり眠れば疲れは軽減します。
しかし最近は、一晩眠ってもなかなか回復しない重度の疲労感を訴える人がいるようです。
睡眠にもさまざまな質があり、疲労回復のためには良質の睡眠の確保が必要です。
今回は一晩でしっかりと疲れをとるコツをご紹介していきます。





足枕で眠りを深くする



専用の足枕でなくても、丸めたバスタオルなどで代用OKです。
足枕を作って、足を15~20センチほど高くします。


こうすることで上半身に血液を戻すサポートになり、疲労回復を促す効果があります。
全身の血液の流れもよくなるので、むくみもとれ、リラックスできます。





就寝1時間前に38℃くらいの湯船につかる



お湯につかると細胞が活性化し、疲労回復に効果的です。
額に汗をかくまでくらいを目安にしてください。
入浴は体を緊張から解きほぐし休息させる副交感神経を優位に働かせます。
これにより質のいい睡眠を確保できます。


なお風呂上がりのビールは最高ですが、冷たいものは体を休める副交感神経とは逆の交感神経を刺激します。
その結果寝つきにくくなり、夜更かしの原因になります。
また睡眠の質を下げてしまうので寝る直前の飲酒にもご注意ください。





お風呂後にテレビ・ゲ-ムは控える



お風呂の後にテレビを見る時間は、リラックスタイムと思われています。
しかし入浴でせっかく優位になった副交感神経の働きを低下させてしまうのです。
これにより体が緊張した状態へ戻ってしまいます。


寝る前は「ゆったりした音楽を聴く」「アロマの香りを焚く」など
リラックスできる環境をつくることが重要です。





クエン酸を摂取する



疲れの原因は、乳酸という疲労物質によるものです。
この乳酸を作らせないことや、増加させないことが疲れないということなのです。
クエン酸はこの乳酸を分解して体外に出す働きがあります。
それだけでなく、乳酸の生成も抑制するので、疲れを解消して、疲れにくい体にしてくれます。
また血液の循環をよくすることに加えて、体に吸収しづらいミネラルのチャージも助けてくれるのです。
お酢、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の果物、そして梅干しなどに含まれます。






寝る前に一杯の梅酒を飲む



先ほどのクエン酸効果に加え、ビタミンやミネラルが含まれているので
疲労回復を促してくれます。しかし、体に良いからと何杯も飲むのは良くありません。
1日にコップ1杯を目安にしてください。アルコールの過剰摂取は睡眠の妨げになります。
いかがでしたか。
すぐにでも実践できそうなものばかりをご紹介しました。
ちょっとした心がけで疲れが取れやすくなります。
忙しい毎日だからこそ、日々の睡眠には気を遣いましょう。

2015年9月7日

written

by kou


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop