現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月27日更新

お部屋をイメチェンしたいときのインテリア選び6つののコツ

1346 views

部屋をイメチェンしたいです!家具を選ぶコツを教えてください。(大学2年生・女性)


 

本とコーヒー

© yo- - Fotolia.com

 

部屋の片づけが苦手…という人もいるでしょうが、


自分の部屋は外から帰った時に、ホッとできる特別な場所です。


その部屋の家具やラグ等を変えて模様替えするだけで、気分転換にもなります。



ですが、何も考えずに衝動的に買って部屋に合わなかったり


使いにくかったら勿体ないですよね。


お部屋をイメチェンしたいときのインテリア選びのコツをご紹介します。



 

1、買う物のサイズを把握する



可愛いものや自分の好みのものを見つけると、ついつい買いたくなります。


ですが、サイズは大丈夫でしょうか。階段の幅や部屋の入口に入るサイズでしょうか。


家具は有料で部屋の中まで入れて設置してくれるサービスがある所もありますが、


階段や入り口の大きさばかりはどうにもなりません。



 

場合によっては入り口の外で梱包をといてから中に運び込んだり、


返品するはめになることもあります。


買う前にしっかり確かめましょう。



 

カーテンのように、部屋の中には入っても、カーテンレールの幅や


カーテンの長さは大丈夫でしょうか。


冬の寒さを防ぐために、わざと長い目のカーテンを選ぶ場合もありますが、


埃がたまりやすいので、その場合はマメに掃除を行う必要があります。



 

2、コンセントの位置を知る



ライト等、コンセントを必要とするインテリアを買う場合、


コンセントの位置がとても重要です。



 

置きたい場所に届かない場合、延長コードを買うという手もありますが、


配線がごちゃごちゃとして、見た目が良くありません。


置きたい場所とコンセントの位置を把握しましょう。



 

3、部屋のテイストを決める



長い間一貫して同じようなテイストが好きな場合、


好きなものを好きなように買って、自分好みの部屋が出来上がる事もありますが、


大抵の場合は色々なものが詰め込まれて、ごちゃごちゃとした印象になりがちです。



 

近頃は、照明や布などでよく見かける「北欧」風も人気ですし


籐や竹など自然素材を使った「アジアン」テイストが好きな人もいます。



 

自分はこれから部屋の雰囲気をどのようにしていきたいのか、


しっかりイメージして雰囲気に合うものを揃えると部屋全体がまとまりやすいです。



 

4、素材を調べる



見た目も大切ですが、素材も大切です。


使われている素材によって、汚れやすさや肌触りも違います。


使い勝手と自分の体に合うかの両方を考えて選びましょう。



 

5、部屋を知る



買う品そのもののサイズも大切ですが、部屋の間取りも考えなくてはいけません。


窓や戸に覆いかぶさると、日常生活に差し支えます。



 

部屋を広く見せる為には色や配置なども関係しますが、


基本的に低めの家具を選んで目線を下げると部屋が広く見える効果があります。



 

6、値段に見合っているかを考える



安くて良いものも沢山売っていますし、使い捨て感覚で安いものを買う場合もあると思います。


ですが、安いものを買ってすぐに壊れたら、安いので諦める事が出来てもお金は無駄になりますし、良いものを買って長く使う方が、結果的に安く済むことも多いです。


長く使えば使うほど、愛着がわくというメリットもあります。



 

コツといっても難しい事ではありません。


買う前に少しだけ考えて、買った物が無駄にならないように、


自分好みの空間を作っていきましょう。



 

2014年8月27日

written

by atu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop