現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月30日更新

昼寝の力を借りて午後からの作業効率アップさせる方法

86 views

お昼ご飯を食べた直後に睡魔が襲ってきて、バイトや勉強に集中できません。どうすれば良いでしょうか?(大学2年・男性)


ベンチで昼寝

画像出典:http://www.ashinari.com/2011/06/25-037164.php

昼休みは、友達とうわさ話の花盛り。それで昼からの活力を蓄えるのもよし、一人で静かに読書で過ごすもよし。

それぞれが、思い思いに休憩時間を過ごしています。それぞれが疲労回復に効果のある過ごし方です。

もしチャンスがあったら、今度は、昼食の後に軽く昼寝をしてみませんか?

どんな効果があるかお伝えします。

 

昼寝は元気の源



どんなに前の晩に睡眠を取ったとしても、午前中の作業で蓄積した疲れは、確実にあります。

できれば、午後の作業開始前には、午前中の疲れを解消したいですね。

昼寝をすると、午前中の作業で心と体にたまってしまった疲れを取る事ができますので、

午後は心身ともにフレッシュな状態で作業を開始できます。

当然、午後の作業の効率はアップします。

昼間にとる短時間の昼寝の効果は、

通常の就寝時間にとる睡眠の三倍の効果があると、一般には言われています。

 

でも、注意して下さい。



午後の作業まで時間があるからと、30分以上の昼寝をするとか、

夕方近くなってから仮眠をとってしまうとか、単なる昼寝とは言えない程度の睡眠は問題です。

このような形で昼寝をとってしまうと、その日の夜から、夜はぐっすり寝て、

朝になると目を覚ますという生活のリズムが狂ってしまいます。

生活のリズムが狂ってしまうと、本来眠くなるはずの時間帯に、眠気が来なくなってしまいます。

念のため、目覚ましのセットなど、昼寝の時間が長時間にならないような対策が必要です。

一度狂ってしまった睡眠のタイミングは、最低でも数日間かけなければ修正できませんので、

昼寝をメインの睡眠とは考えないで下さい。

 

寝られる環境作りが大事です。



昼食後、静かな環境の中で、目覚ましをセットしたら、昼寝の時間です。耳栓とアイマスクがあると最高ですね。

30分程度の睡眠ならば、昼寝の後で目が覚めるのも早いので、午後の作業に悪影響がありません。

机にうつ伏せの状態で昼寝をするなら、クッションでおでこを支えると、息苦しくなくていいですね。

椅子に座った状態での昼寝ならば、長距離バス用の首につけるクッションがぴったりです。

昼寝の場所を必要以上に暖かい環境にしてしまうと、逆に寝られないと思いますので、

ほんの少し寒いかなという程度に室温を調整して下さい。

もしも、コーヒーがお好きなら、昼寝の前に飲むことをおすすめします。

ちょうど、昼寝が終わるタイミングで覚醒効果が現れます。

飲んだら寝れなくということはありませんので、ご心配なく。

元気あり。

画像出典:http://www.ashinari.com/2013/01/24-375532.php?category=279

やっぱり、疲れを引きずったらダメです。



自由時間は楽しまないともったいないとお考えの読者が大多数だと思います。

確かに、少しでも他の人と触れ合う時間を増やす事は大事なことですし、読書により、少しでも知識をつけようとすることも重要です。

しかし、疲れや、寝不足を残したままでは、何をしても作業効率はダウンしてしまいます。

午後の作業の前に、一時的に体と心のメンテナンスを行い、午後に備える方が、トータルでみれば、より成果をだせるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方が、昼寝を取り入れることにより、すこしでも日々の生活が効率的なものに変わることがあれば幸いです。

2014年8月30日

written

by ふなもん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop