現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月29日更新

ちょっと意外!?ユニークなストレス発散方法7選

4886 views

最近ストレスが溜まって仕方ありません。いろいろな方法を試しましたがなかなか発散できません。
ユニークなストレス発散方法があれば教えてください。(大学2年生 女性)


 

ストレスが溜まっている女性

© Tom Wang - Fotolia.com

 

ストレス社会と言われるこの現代。
人間関係や恋愛、就職など、あらゆることが原因でストレスが溜まる一方!
そんな方はいませんか?

生きている以上、何でも都合良く進むことはありません。
しかし、ストレスをため込むのは良くありません。

そこで、今回は手軽にできる、けれど少し意外なストレス発散方法を7つ紹介したいと思います。

 

1.いらない紙をひたすら破る



「とにかくイライラが最高潮!放っておいたら物や人に当たってしまいそう!今すぐなんとかしたい!」

そんな方にオススメしたいのがこの方法です。
チラシ、新聞、雑誌、書き損じ、とにかく何でもかまいません。
なくなっても困らない、いらない紙をひたすら気が済むまで破いてください。

ポイントはいらない紙、つまり破いても後悔しない紙を選ぶこと。
そして好きなだけの紙を、自分の好きなように破きまくることです。

最初は色々考えてしまうでしょうが、破いているうちに精神が
「イライラしていること」から「紙を破くこと」に集中しはじめます。
そうなればしめたもの。
紙を破くという単純な行為に精神が集中しきって、イライラしている思考が止まります。

問題を解決するには、冷静さが必要です。
思考をいったん強制的に止めて、一息ついてから問題に向き合いましょう。

 

2.一人カラオケ



時間に余裕があるなら、一人カラオケに行くのも手です。
フリータイムならそれほどお金もかかりません。
とにかく一人で好きな歌を叫んで歌って踊りましょう。

一人なら誰かに気を遣わずに、思いっきり歌えます。
お腹の底から声を出してストレスを発散しましょう。
疲れたなら好きなだけ休憩もできます。

ドリンクを飲んだり軽食を食べたりしてもよし、好きな歌を流すだけにしてだらけてもよし。
好きなだけ歌って疲れて、イライラをリセットしてみましょう。
カラオケ店を出る頃には、きっとスッキリしているはずです。

 

3.ノートに愚痴を書く



紙とペンさえあれば簡単にできるこの方法。
支離滅裂でもかまいません。誰に見せるものでもないのですから。

「誰々がむかついた」「こんなことがあってイラつく」など、好きなだけ書いてみてください。
ブログやSNSで愚痴るのも手ですが、他人の目に触れる場所だとどうしても遠慮が出てきてしまいます。

また自分の手で書くことによって、混乱した考えをまとめる効果もあります。
後になって読み返すと、「こんなことで悩んでいたんだ」
と自分を再発見できるという利点もあり、オススメです。

 

4.掃除や模様替え



心がモヤモヤしている時は、部屋の中も汚くなりがち。
それがまたストレスの原因になるという悪循環を引き起こす場合もあります。

そこで、部屋の中を徹底的に綺麗にしてみるのはいかがでしょう。
いらない物をすべて捨てて、使いやすいように部屋を整理整頓します。
隅々まで掃除機をかけて、できれば床を雑巾で拭きましょう。
けっこう体力を使うので、やっているうちに無心になれます。

夢中になって掃除することで、部屋も綺麗になるし溜まったストレスもリセットされます。
まさに一石二鳥のストレス解消法だと言えるでしょう。

 

5.髪を切る・思いっきり化粧やオシャレをする



髪の毛が必要以上に伸びてきたり、鏡に映った自分が暗い顔をしていると、
ストレスに拍車がかかります。

そういう時は、思い切って髪を切ったり雑誌を買ってオシャレをしてみる。
女性なら新しい化粧の方法を試してみるなど、イメチェンをしてみましょう。
鏡の中の自分が明るい顔をしていますか?
もしそうなら、ストレスはだいぶ発散できています。

 

6.気が済むまで泣く



泣きたいほどストレスが溜まっているなら、
いっそのこと気分にぴったりな泣ける音楽や映画などを鑑賞するなどして、
思いっきり泣いてしまうのも手です。

ため込んだストレスが人前で爆発してしまうより、
落ち着ける場所で好きなだけ泣いたほうがずっと楽になれるというもの。

涙を流すことはストレス解消に繋がると科学的にも立証されているそうです。
泣きたいだけ泣いてイライラを吐きだしてしまえば、きっと次の日には笑えるでしょう。

 

7.とにかくひたすら寝る



ストレスが溜まっている状態、つまり感情がマイナス方向に向いている時は、
本人が思っているより疲労が蓄積されています。
よってまず休養を取るというのはかなり有効なストレスへの対抗手段。

上に書いた6つの方法を試した後にも、充分な睡眠を取ることをオススメします。
どんな問題でも、疲れを取り除いてからでないと有効な解決方法は浮かびません。
まず休みましょう。考えたり行動するのはそれからでも遅くありません。

 

 楽になることが大事!



さて、筆者が考えるストレス発散の方法を提案しました。
どれも一人で、ある程度手軽に実践できるものばかりです。

あなたの問題を解決することはあなたにしかできませんが、
その前にストレスで固まった心と体を落ち着けることも重要です。

もしあなたがストレスを抱えて悩んでいるなら、
以上の7つのうち気に入った方法を試してみてください。

確実に今よりはスッキリした気持ちで問題に向き合えることでしょう。

2014年8月29日

written

by 赤吉辰樹


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop