現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

絶対に入れるべき!命を救う防災アプリ!

555 views

自然災害が続き、自分の地域でも心配になってきました。誰もが持っているスマートフォンで、そうした災害に対策できるアプリってありませんか?(大学2年生 男性)


3.11東日本大震災。多くの尊い命が失われました。


日本では地震に加え台風などの自然災害も頻繁に発生します。


それらの対策をしておくことは必須です。


ここで災害の備えとして、又はそれが起きた時に役立つアプリやサービスをご紹介します。







『Person Finder』(無料)



Googleのサービスで、被災者の安否を確認することができます。


個人が、災害の影響を受けた家族や友人の状況を掲示したり、検索することができるサービスです。


これにより自分が安全であるということを知らせることができます。


災害時は電話回線が混みあい、メールも届いているかどうかを教えてくれません。


災害時に自分の安否を伝えるためには、自分が思いつく限りのサービスにアクセスし、情報を残しておく必要があります。その際有効といえるでしょう。


こちらから→https://google.org/personfinder/global/home.html







『ゆれくるコール』(無料)




地震が来る前に音で地震を通知してくれます。


注目すべきは通知する地震の震度と地域を設定できることです。また通知音も設定できます。


これにより気づかないような低い震度でも通知してきたり、びっくりするようなうるさい音で通知してくるなど緊急地震速報の厄介な面をカバーしました。


他にも実際に通知を体感出来る訓練に参加出来るなど、防災をユーザー目線で考えられたアプリです。


Androidページはこちら ・ iphoneページはこちら







『Skype』(無料)




みなさんおなじみの無料通話アプリSkype。


こちらも災害時Skypeユーザー同士で電話やチャットができ、連絡手段になります。


また、東日本大震災後、Skypeを利用して公衆無線LANに接続することが可能になりました。


さらに、Skypeから固定電話へ約30分間の通話が可能な無料クレジットの提供もあったようです。


Android端末ページはこちら iphoneページはこちら







『Twitter』(無料)




情報収集の手段としてTwitterは大変有効です。


ただし未確定情報やデマには惑わされないよう十分注意が必要です。以下はチェックしておくとよいでしょう


災害時ハッシュタグ #anpi:安否確認用、#hinan:避難所や避難警告情報、#j_j_helpme:救助要請、#jishin:地震全般情報。


Androidページはこちら iphoneページ→はこちら







『radiko.jp』(無料)




TBSラジオ、文化放送などインターネットを通してラジオを視聴できます。


緊急時の情報収集に役立ちます。


Andoroid端末はこちらから ・ iphoneはこちらから







『Ustream』(無料)




ライブ動画配信サービス「Ustream」アプリ。


緊急時には各テレビ局がニュースを配信していました。こちらも情報収集に役立つでしょう。


Androidはこちら iphoneはこちら







『ウェザーニュースタッチ』(無料)




災害時はいろいろな事故が誘発される恐れもあります。天気や気温にも十分注意しましょう。


Andoroidはこちらから ・ iphoneはこちらから







『NAVITIME』(無料)



災害時は公共交通機関に乱れが起こることがあります。鉄道の運行情報などを検索することができます。


「震災サポート機能」が新たにリリースされ「避難場所検索」「病院検索」など役立つ機能が満載です。


iPhone向けのサービスはこちらを → NAVITIME(iPhone)について
Android OS搭載端末向けのサービスはこちら → NAVITIME(Android OS)について







『救命・応急手当の基礎知識』(無料)




症状別の応急手当、けが・事故の応急手当、心肺蘇生法、止血法などの基礎知識がわかります。


Andoroid端末はこちら








『処方薬&市販薬 お薬検索』(無料)




薬が何の薬かわからなくなってしまうなんてことが緊急時には発生します。こちらで効果をきちんと確認しましょう。


Androidダウンロードはこちら



いかがでしたか。


災害時に役立つ防災アプリをご紹介しました。


これらをダウンロードしスマートフォンに入れておくところから、災害対策を始めてみてください。

2015年9月7日

written

by kou


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop