現在17274個の困ったを解決できます!

2016月10月13日更新

彼氏が不安がってしまう彼女の言動9選

75087 views

最近彼氏が不安そうにしている気がします。無意識にそうさせているのかもしれません。彼氏が不安に思う言動ってどんなものがありますか。(大学2年生・女性)




Young mixed-race couple having ralationship problems isolated on© closeupimages - Fotolia.com



仲良く付き合っている恋人同士でも、彼女からの何気ない言動で彼氏を不安にさせてしまいます。

しかも、その言動を無意識にしてしまっていることもあります。

彼女は好きなのに、少しずつ彼氏から距離を置かれてしまう。

このような状況が出てきてしまいます。

そこで、今回は彼氏が不安になってしまう彼女の言動を9つのパターンに分けて紹介をしていきましょう。










1、自分を頼ってくれない

男性というものは、「自分を頼りにしてほしい」と思っている生き物です。
彼氏は彼女が自分を頼ってくれることによって「愛されている」と感じます。
よって、そんな男性に「私一人で出来るから」と言って突き放してしまうのは彼氏を不安にさせてしまう原因です。
「私一人で出来るから、手伝わなくていいよ」
「いいよ、自分で出来るからあっち行ってて」
このような発言は「自分は頼りにされていない、愛されていないのかも」と思わせてしまいます。
もちろん、彼氏を頼らなくても出来ることはたくさんあるでしょう。
しかし彼氏が何か手伝がっていそうな場合には、何か小さなことでも良いからお手伝いをお願いしてみましょう。










2、彼氏を否定するような発言

彼氏を否定するような発言は彼氏を不安にさせてしまう言動の一つです。
「あなたって本当に地図が読めない人だね」
「何でそんなに落ち着きがないの?」
些細な発言に思えますが、このような発言が彼氏を不安にさせてしまいます。
もちろん、明らかに冗談っぽく言えば問題はありません。
しかし、真顔で愛嬌もなく相手を否定するような発言をしてしまうのは危険です。
彼氏は「愛されていないかも」と不安に思ってしまいます。
もし彼氏の欠点を直してほしいと思っての発言であれば、一言添えてあげましょう。
「もう少し落ち着きがあれば、もっと好きになるよ」
このように、彼氏が「頑張ろう」と思えるような一言を添えてあげましょう。










3、一緒にいるときでのマイナスな発言

例えば、デートなどで二人の時間を過ごしたとしましょう。
様々な場所に行って、様々なことをやって楽しく過ごしたとしましょう。
もちろん、帰路では疲労がたまっています。
そこで、彼氏が「どうだった?」と聞いてきたとします。
そのときに、
「疲れた」
と言ってしまうことは避けましょう。
何故なら、彼氏にとって楽しかったデートが彼女にとって「疲れた」ものだと思わせてしまうからです。
「楽しかったよりも疲れたの気持ちの方が大きい」というように彼氏は思ってしまいます。
そうすると「自分とのデートはつまらなかったのかな」と彼氏を不安にさせてしまいます。
本当に疲れていたとしても決して言葉にしないようにしましょう。

むしろ、「一緒にいて楽しかった」と相手を喜ばせるような発言をするようにしましょう。











4、謝らない

「謝らない」という行為も彼氏を不安にさせるパターンの一つです。
もちろん相手が悪い場合には仕方ないですが、自分が悪い場合に注意です。
自分が悪いのに相手に謝らなければ、愛情がないと思われてしまいます。
もし自分が悪いと思ったら素直に謝るようにしましょう。

謝ることで、お互いの愛情がさらに深まることがあります。









5、かまってあげない

所謂、手をつないでくれない、といった行動が相手に対して不安を与えてしまいます。

手をつなぐ、抱きしめるといった行為は相手に愛されていると思わせる行動です。

それをしないということで相手は「愛されていないかも」と思ってしまいます。

ときどきかまってあげるようにしましょう。









6、他のことに集中している

デート中など、彼氏と一緒にいるのに別のことに集中しているのはNGです。

例えば、デートしているのに携帯ばかり見ている。

このようなことをしていませんか。

彼女にとってみれば無意識かもしれませんが、彼氏にしてみれば不快です。

下手をすると「俺といて楽しくないのかな・・・」と思われてしまいます。

ぜひ二人で一緒にいるときには、彼氏の方を相手するように心がけましょう。











7、他の男性の名前を出す

ときには会話の中で男友達の話題も出して盛り上がりたいもの。

しかし、あまりにも他の男性の名前を出しすぎるのは要注意です。


特に一人の男性ばかりの話題を出してしまうと、彼氏は不安に感じてしまいます。

「もしかして、俺よりもその男の方が好きなのかも・・・」

自分よりもその男性を愛しているのでは、と思ってしまいます。

よって、他の男性の名前を出すのは程々にしておきましょう。










8、予定を教えない

プライベートはあまり教えたくないものです。

しかし、秘密にしすぎないようにしましょう。

予定を聞かれて、「先の予定は全然分からない」と言ってしまうと、彼氏は不安に思います。

「予定を教えないのは、俺とデートしたくないから・・・?」

このように予定を教えないことは、彼氏に愛されていないかもと思われてしまいます。

確かに自分の予定を教えたくないのは分かります。

ただ、ある程度は彼氏に公開しましょう。

少なくともデートをしやすい休日などはぜひ彼氏に教えてあげてください。










9、予定のドタキャン

確かに突然の急用があってデートなどがキャンセルになることはあります。

しかし、それが頻繁に起きてしまうと彼氏も不安に思ってしまいます。

特に当日のキャンセルはデートを楽しみにしている彼氏にとってダメージが大きいです。

「俺のデートよりも他の用が大事なの?」

あまりにもドタキャンが多いと、このように思われてしまいます。

突然の急用は仕方ありませんが、頻繁にドタキャンをするのはやめましょう。

もしドタキャンをしてしまったら、次回は彼氏との予定を優先するようにしましょう。




いかがだったでしょうか。

些細な言動でも彼氏は愛されていないかも、と思ってしまいます。

もし上記の言動を無意識にしてしまっていたら、気をつけましょう。

知らないうちに彼氏があなたから遠ざかってしまっているかもしれません。

2016年10月13日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop