現在17274個の困ったを解決できます!

2016月11月30日更新

【パーソナルカラー:Summerタイプ】あなたを引き立てる秋冬の服装コーディネート術

165158 views

前回の記事で。パーソナルカラーを診断しました。このパーソナルカラーを使って、自分に合うファッションを知りたいです。(大学1年生・女性)


パーソナルカラー・サマータイプイメージ













「パーソナルカラー診断で似合う色を見つけよう!」
では、似合う色のグループ=SpringSummerAutumnWinterを紹介し、
自分のボディの色をチェックして似合うグループを見つけてもらいました。




どれだけ流行の色や定番といわれている色でも、


あなたの肌や目など持ち前の素材との相性が悪ければ、その威力は半減してしまいます。




反対に、難しいとされている色だって、


パーソナルカラーと相性が良ければ積極的に使うべき色に大変身しちゃいます!




おしゃれは自分自身の魅力を引き出すツールでもあります。


是非相性を理解しながら、ベストなカラーとコーデを習得してください。




前回のSpringタイプの詳しい解説につづき、


今回は、Summerタイプの詳しい解説をしていきます!




Summerタイプの雰囲気


パーソナルカラーSummerタイプは、


☆エレガント
☆優しい
☆繊細
☆清楚
☆涼しげ
などのワードがイメージできる雰囲気を持っています。




<Summerタイプの芸能人>


綾瀬はるか 井川遥 松嶋菜々子 石田ゆりこ 椎名林檎
上品フェミニンなイメージの人が多いグループです。


遠くを見つめる花かんむりの女の子のフリー写真素材(商用可)




Summerタイプの似合う色


Summerタイプは、


明るいピンクか赤みがある肌に、
淡い黒い優しい瞳、やわらかな髪を持つ人が多いのが特徴です。




そんなボディーカラーに似合う色は、


Summer(夏)からイメージできるような、
アジサイのような淡い色パステルカラー、
スイカやメロンのような含んだ水分の涼しげな色、
白浜のような白っぽくかすんだ色です。




☆涼しげな色(青みを含んでいる)


☆明るい色
☆白が入ったパウダリー、グレイッシュな淡い色
がキーワードです。


サマータイプに似合う色



上のカラーパレットを見てみましょう。


☆ベビーピンク、ローズ系、フクシャなど青みを含んだ冷たい色☆パステルイエロー、ペイルグリーンなどパウダリーで明るい色
☆ブルー、パープル系はパステルブルー、ラベンターなど淡いパステルカラー
☆ベースカラーには、真っ白よりソフトホワイト、ベージュ系も赤みを含んだココア色、また、黒よりソフトネイビー、などにするとまとまった印象になります














Summerタイプの似合う素材・コーディネート


Summerタイプの似合う素材は、


シフォン
ジョーゼット(透けていてシャリ感のある生地)
オーガンジー
レース(ケミカルなもの)
光沢のないシルク
クレープ(細かいしわ感のある生地)
などの人工素材、軽い、薄い、やわらかい、光沢のない素材です。




Summerタイプの似合うコーディネートは、フェミニンで優しい、上品でエレガントなコーディネート。




フリル、レース、ドレープなど女性らしいデザイン、細かい柄、繊細な感じの柄、淡い色のグラデーションなど、色のメリハリをつけないコーディネートを意識しましょう。




涼しげな印象を活用しながら、淡く儚さが残るように仕上げるのがポイントです。




アクセサリーは、女性的なシルバー、ピンクゴールド系、透明なビーズ、レース素材などがおすすめです。





Summerタイプの秋冬おすすめアイテム








Summerタイプの今年の秋冬のおすすめは、
☆グレイッシュなパステルカラー
☆さまざまグレイカラー
☆シアー素材(透けた素材、袖が透ける素材のアウター、鎖骨ラインが透けているトップスなど)
☆シャギーニット(モヘアのようなふわふわしたニット、特にウサギの毛のように細くて繊細なものがおすすめ)
☆チュチュスカート
など淡くて優しいフェミニンなスタイルがおすすめです。




ぼやけた感じが気になるかもしれませんが、ハードにするよりもソフトにまとめるほうが雰囲気にはマッチします。






完全に天使のような女の子のフリー写真素材(商用可)















いかがでしたでしょうか?



Summerタイプでない人でも、Summerタイプな感じによせることは化粧などで十分可能なので、今回の記事をみていいなと思った方はぜひやってみてください。



今年はカジュアルやボーイッシュなスタイルが多いですが、どのスタイルにも淡いパステルカラーが使われているものたくさんあります。




自分のパーソナルカラーを知ることでより自分らしく素敵なコーディネートにすることができますよね。




今回はSummerタイプについて詳しく説明しましたが、Summerタイプの方は上記のコーディネート術是非参考にしてみてください。



服を購入するときは必ず試着をしてからにしましょう。


おすすめは一部のトップスを試着して決めるのではなく、一度全てのコーディネートをして全部着た状態で購入を検討することです。


そこで自分のパーソナルカラーに合ったものや、洋服の素材、シルエットなどを確かめましょう。





今年の秋冬はやさしく淡い色にポイントを置いて、いろいろなスタイルにチャレンジしてみましょう。

2016年11月30日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop