現在17272個の困ったを解決できます!

2014月8月31日更新

イチョウ切り?乱切り?野菜の基本の切り方まとめ

345 views

料理本に書いてある、野菜の切り方がどういうものなのか分かりません……。
野菜の基本的な切り方を教えて下さい!(大学1年生・女性)


自炊をし始めると、野菜の切り方一つ取っても奥が深いことが分かりますよね。
縦に切るか、横に切るかで歯ざわりや味わいまでもが変わるそうです。
縦に切って繊維を残すと歯ごたえが残りますし、横に切ると柔らかくなるので煮物などにぴったりになります。

というわけで、今回は野菜の基本的な切り方をご紹介します!

 

半月切り





画像出典:kikkoman

その名の通り、半月の形に切ること。
丸い野菜を縦半分に切り、端から直角に一定の厚さで切っていきます。
なすやにんじん、だいこんなど色々な野菜に使われます。

 

イチョウ切り





画像出典:AZJINOMOTO Park

こちらもその名の通り、イチョウの葉の形に切ることです。
丸い野菜を縦4つ割にした上で、端から直角に一定の厚さで切っていきます。

 

小口切り





画像出典:kikkoman

右の端から食材を切っていくのが「小口切り」だそうですが、
一般的に思い浮かばれるのは細長い、きゅうりやねぎを端から薄く切っていく切り方ではないでしょうか。
薄く切るのは最初のうちは難しいかもしれませんが、段々慣れてくるはずです。

 

短冊切り





画像出典:白ごはん.com

短冊に似ていることから、この名が付きました。
長さ4~5cm、厚さ1cm程度に切った上で、薄く切っていきます。
汁ものや炒めものに使われることが多いです。
だいこんや、写真のようににんじんを切るのに、よく使われます。

 

拍子木切り





画像出典:kikkoman

切り方は短冊切りとほぼ同じですが、
最後のところで短冊切りほど薄くは切らないところがポイントです。

名前は「火の用心」の拍子木から付けられました。
和え物などの小鉢に映える切り方となっています。

 

乱切り





画像出典:kikkoman

45度ぐらいの角度で包丁を入れて、野菜を回しながら切っていく切り方です。
煮物によく使われますが、火の通り方を同じにするために大きさを揃えるようにすることがポイントです。

 

くし形切り





画像出典:あしたの生活

丸い形の野菜を縦半分に切った上で、放射状に切っていく切り方になります。
たまねぎやトマト、かぼちゃなどに使われます。

 

ざく切り





画像出典:kikkoman

キャベツや青菜などを幅3~4cmで切っていきます。
大きくザクザクと切られるので食感が損なわれず、炒めものや鍋ものに使われることが多いです。

 

ぶつ切り





画像出典:kikkoman

ぶつ切りは主に肉や魚に使われることが多いですが、
野菜の場合、ねぎをある程度の幅で端から切っていくことをいいます。

ねぎをぶつ切りにして、
フライパンで焦げ目がつくぐらいに焼く(もしくはオーブンレンジでチンする)だけで、
夕食の付け合せになりますよ。
チーズをのせたり、ポン酢をかけたりする食べ方がおすすめです。

 

ささがき





画像出典:kikkoman

ささがきは、漢字で書くと「笹掻き」となります。
つまり、笹に形が似ていることから、この名前が付けられました。
主にごぼうやにんじんに使われます。
先に皮を向いておいて(ごぼうの場合はこすり取って)包丁を回しながら薄く切っていきます。

 

以上、野菜の基本的な切り方をまとめてご紹介しました。
切り方一つで料理の出来は変わってきますし、工夫して使いこなしてくださいね。

 

2014年8月31日

written

by mmii


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop