現在17272個の困ったを解決できます!

2016月12月8日更新

卒業後もラブラブ♡学生時代の恋人と結婚したカップルに共通する6つのこと

185754 views

今現在付き合っている彼氏がいるのですが、もうすぐ卒業した後も、続けていこうと思っています。このまま結婚までずっと一緒にいるためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?(大学4年生・女性)

住宅の模型を持つカップル


© beeboys - Fotolia.com


自由な時間が多かった学生時代から、覚えなければいけないことや縛られる時間が増える社会人。

学生という気楽な存在から一転、実際に体感しないとわからない責任や仕事量に追われる日々が始まります。

仕事を覚えることに手いっぱいで、恋人のことは後回し…

大学時代はラブラブだったカップルも、ここで破局を迎えてしまうことは、あまりにもよくあることですよね。


でも、苦しい状況を乗り越えて晴れて結婚したカップルも一定数います。


そこで、すれ違いから別れることなく、めでたくゴールインできたカップルの共通点をご紹介します。







1:約束事を作る

フレッシュマンは、仕事を覚えるだけではなく、職場の人たちと親睦を深める必要があります。
休日返上で親睦会と称して出掛ける職場もありますし、休日前夜は飲み会などに付き合わなければならなくなります。
そういう時、お互いに仕事に夢中になりすぎて気付けば自然消滅…なんてことにならないように、2人で約束事を決めましょう!


例えば


・1日1回は近況報告を兼ねてLINEをする(多忙で出来ない時は責めない)
・予定が入っていない休日を事前に教え合う
・残業がない日は2人で夕食をとるようにする
・互いに疲れている時は相手に伝えるようにする(余裕がない時にしつこく構ってもらおうとしないため)
・1時間でも電話が出来る日は電話をするようにする


など、2人の心の距離が離れないような約束をしましょう!


多少のすれ違いが起きても、「大丈夫」と思えるような約束を事前に作っておくことで、信頼関係が強くなり、お互いに仕事を頑張れるようになりますよ!
またクローズドSNSなどを活用し、相手の仕事の邪魔にならないように、互いにメッセージを残し合うのもお勧めです。










2:長期休暇は一緒に出掛ける

社会人になると、連続した有給休暇を申請しにくいものです。
そうなると、自然に出てくる「会えない寂しさ」という名の不満。
けれど、GWやお盆休みなどの長期休暇に合わせて出掛ける予定を立てると、仕事の励みにもなります!


ただし、実家を離れて独り立ちしている場合は「この長期休暇は互いに実家に顔を出す」というように親のことも考えましょう!
既に紹介済みであれば、一緒に里帰りしてみるのもいいですね!



旅行の際の宿探しは、事前にインターネットで予約するのが安くて便利ですよ。


旅行会社によってはカップル向けのプランも充実しており、サイトをチェックしているだけで楽しいです!

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」
るるぶトラベル











3:精神的に自立する

学生は困ったことや悩み事があれば、互いに愚痴ったり相談をしたりしてきたと思います。
けれど、社会人になるということは自己解決能力を養う必要があるということでもあります。
互いに精神的に「支え」であるのは素晴らしいことですが、「依存」をするのは卒業しましょう!


・会えない時間を嘆くよりも、自身のスキルアップのために出来ることを始めてみる
・家族に連絡をする
・部屋の掃除をする


出来ること・すべきことは沢山あります!
今の恋人と結婚したいと思っているなら、尚更「1人でも楽しめる自分」を作っておく必要があります。










4:将来の話をする

社会人として慣れ始めて来たら、2人の将来について話し合ってみましょう!
・いつくらいを目処に結婚を考えているか
・結婚後、女性は仕事を辞めるのか否か
など、簡単にでも構わないので、互いの意思を確認し合いましょう!


現在はWエンジン(共働き)をして、貯蓄を行い、
妊娠などでどちらかが働けなくなっても余裕を持たせられる生活設計をしているカップルが多いですが、
「早く赤ちゃんが欲しい」と望むカップルならば、女性は結婚後に産休や育休が今の職場でとりやすいのかなどをリサーチしておく必要があります。
2人の共通の将来設計をしておくことが、大学中から交際し、ゴールインしたカップルには多く見られる傾向の1つでもありますよ!










5:同棲を考えてみる

2人の将来設計がまとまったら、あとはその目標に向かって2人で切磋琢磨していくことになります。
互いに一人暮らしならば、同棲をして家賃を浮かせるということも考えてみましょう!
同じ家に帰るということで、会えない時間はなくなります。
しかし、注意をしておきたいのは…同棲をするのであれば期限を設けるという点です。


一緒に暮らし始めて、なんとなくズルズルと月日が流れてしまって互いに結婚の意思がなくなり別れた…というカップルもいます。
「来年には両家に挨拶に行って、結婚準備を始める」などという目標を定めておき、同棲をするのであれば、
互いの生活習慣などを目の当たりに出来る良い機会になりますよ!











6:「この人しかいない」と思える存在になる

社会に出ると、様々な価値観を持つ人と接触することになります。
その中には、魅力的に見える異性もいるかもしれません。


しかし、大学から付き合い続けた恋人の存在をよく考えてみましょう!
学生時代よりも縛られた生活の中で、互いに支え合えている関係であれば、どんな魅力的な異性でも心が揺らぐことはありません。


学生気分のままで2人で過ごしていれば、「この人じゃないかも」と思ってしまう危険性もありますが、良い意味で刺激を与え合え、
成長し合える関係を築いていくことが何より大切です。


いかがでしたか?

学生時代から付き合っているとお互いに安心感もあって、落ち着きますよね。


しかし、それが悪い方向に行って自然消滅にもなりかねないのが難しいところです。


しっかり相手との距離を保てるように頑張ってみてください。



筆者も、大学2年から付き合っていた彼氏と、社会人5年目に結婚しました。
いわゆるお局さんからは「長すぎた春にならなきゃいいね」なんて嫌味を言われたこともありましたが、2人で結婚と言う目標に向けて頑張りました。
結婚した今でも、学生時代のようなじゃれ合いを楽しみながら過ごしています。
互いにほっとできる存在になって、あなたたちカップルもゴールインできるのを祈っています!

2016年12月8日

written

by ひめ丸


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop