現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月10日更新

自然にやる気が出る!頑張らなくてもうまくいく10の方法

438 views

秋学期にはいって学生生活が続くのか不安です。どうすれば自然にやる気が出ますか?(大学2年生・女性)


 
「やる気」というのは、無尽蔵に幾らでも湧いてくるものではありません。だから、やる気を出してうまくいくようにするには、こまめに「やる気」を補充する必要があります。ここで、やる気を出してうまくいくようにするための10の方法を紹介します。
 
リラックスしてる女性
© miya227 - Fotolia.com

 

1.カラーセラピーを活用する。



カラーセラピーでは橙色に、「やる気」を出させる効果があると言われていますから、橙色の文房具を新しく買っても良いでしょう。文房具ではなくて、橙色の入浴剤を活用するというのも面白いかもしれません。逆に、灰色は避けましょう。身の回りを見渡して、灰色が目立つようなら模様替えをしましょう。灰色は、「やる気」を停滞させる色の代表格と言われています。
 

2.アロマを活用する。



柑橘系の香りにも、「やる気」を出させる効果があると言われます。なので、柑橘系の香りがするアロマを使ってみるのも良いでしょう。
 

3.ハーブティを飲む。



柑橘系のハーブティを飲むようにするのでもうまくいきますよ、香りにより外から癒されると同時に、ハーブにより身体の内側から癒されることが出来ます。
 

4.柑橘類を食べる。



柑橘類を食べるというのでも良いでしょう、アロマより手軽に、香りを嗅ぐ事ができますし、ハーブではなく本物の柑橘類を体内に摂取することで、癒やされる効果はとても高くなります。
 

5.睡眠の質を上げる。



意外に見落とされがちなのが睡眠の効果です。睡眠時間が短かったり、睡眠の質が低かったりすると、「やる気」がそもそも出にくくなってしまうのです。夜更かしは、睡眠の質を低下させる原因の1つになるので、充分に気を付けましょう。寝る前に、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かるのでも、睡眠の質を上げる効果があります。また、目が覚めたら日光を浴びましょう。窓ガラス越しではなく、日光を直接浴びて下さい、これも、睡眠の質を上げる効果があります。
 

6.ダンボールに封印してみる。



何かしなければならないことを抱えているのに、それをやるだけの「やる気」が湧いてこないという場合は、思い切ってその「何か」をやるために必要なものを全て段ボール箱などに閉まって、目につかないようにしてみましょう。そうして、その「何か」とは全く関係のないことをやるようにしてみて下さい。大抵の人はこうすると、嫌でもその「何か」をやりたくなりますよ。
 

7.焦らず楽しむ。



また、「やる気」を出す、うまくいくように工夫するということを楽しんで下さい。誰でも、楽しいことをやる時は「やる気」でいっぱいですし、うまくいくようにしたいですよね?だから焦らないこと、頑張らないこと、楽しむこと、これはとても大切なことなのです。
 

8.他の人に相談する。



他の人はどんな風に「やる気」をうまく維持しているのか尋ねてみて、自分にも効果があるか、片端から試すのも一案です。
 

9.動機付け理論について調べる。



心理学に興味のある人は、学習心理学における「動機付け理論」というものを調べてみるのも面白いかもしれません。
 

10.眠る。



どうしても無理であれば、睡眠の質が低下しないように気を付け、楽しいという感情が湧いてくるまで、思う存分眠ってしまいましょう。
睡眠には、集中力を高める効果があるので、起きたら、集中力とやる気いっぱいになれる可能性もあるのです。

2014年9月10日

written

by 恵めぐむ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop