現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月29日更新

【復縁】即実践可能な復縁を成功させるメール術(例文あり)

6150 views

彼女と別れました。でもやっぱりまた付き合いたいです。復縁するためにメールを送ろうと思います。アドバイスをください。(大学3年生・男性)


落ち込む男性© tomocam - Fotolia.com

別れてしまって後悔して、あの人ともう一度付き合いたい、なんて思ったことありませんか?

しかし、復縁とはかなり難しいもの…

場合によっては、相手への自分の印象をより悪くしてしまうこともあるかも。

そんな風にならないためにも、復縁を成功させるためにも、必要なメール術をお教えしましょう。

 

タイトルをつける



文章に入る前に大切なことを。

なんと言っても、メールですので読んでもらわないことには始まらない。

しっかりとメールに、読んでもらえるようなタイトルをつけましょう。

 

誠意がこもっている



まず始めに、一番大事なことを。

誠意がこもっておらず、だらだらした文章だと「なんだこれは」と途中で読むのをやめられちゃうかも。

そんな風にならないためにも、しっかりとした文章で誠意をこめて書きましょう。

そのためにはやはり文体も大事になってきます。

いつもの話し言葉よりも、少しかっちりとした文章の方がいいかもしれませんね。

 

感謝



付き合っていた時のことについて触れるのも重要です。

中でも、相手に感謝の気持ちを伝え、楽しかったことについて思い出してもらうことは大切でしょう。

これによって、「もう一度…」と相手がなれば、復縁の可能性はぐんと上がるでしょう。

 

謝罪



「でもまた同じことになりそうだし…」と相手がなるのは良くありません。

自分が悪かったと思う点についてはしっかりと謝りましょう。

そうすることにより、先にあげた感謝の気持ちがより際立つでしょう。

 

しつこくしすぎない



そして、手紙が逆効果になる場合も考えましょう。

感謝も謝罪も、しつこく書きすぎてしまうと逆効果です。

もしかすると嫌味ととらえられてしまう場合もあるかも。

あっさりしすぎるのもよくありませんが、あまりしつこくならないようにしましょう。

 

短すぎず長すぎない



先のもともかぶりますが、文章の量について一つ。

これはお互いがいつもどれくらいメールをしていたかにもよります。

大事なことは相手に最後まで読んでもらうことですので、あまりに長すぎるのはよくない。

しかし、短すぎても「え、それだけなの?」となるかもしれません。

適切な文章量を考えて送りましょう

 

相手の名前を入れる



相手のことをしっかりと考えているということをアピールしましょう。

名前を呼ばれる機会というのは案外少ないもの。

名前を呼ばれるとドキッとして、吊り橋効果的に恋愛感情に陥りやすくなるかも。

文中に、しつこくなりすぎない程度に相手の名前を入れるのがいいでしょう。

 

以上を踏まえて、ひとつ例文を書いてみましょう

 

 例文



タイトル:突然ごめん

 

本文:

○○へ

 

○○と別れた日から、いろいろ考えてしまってついメールしてしまいました。とつぜんごめんね。テレビの特集で海の特集を見ると、今年○○と行った海のことを思い出して「楽しかったな」なんて考えてしまいます。久しぶりに年甲斐もなくはしゃいだから、次の日筋肉痛だったけど(笑)

海以外にもいろいろ行ったよね。でも、あのときもっと○○のわがままを聞いてあげればよかったとか、○○に合わせてあげたらとかを考えてしまって、今はかなり後悔しています。本当にごめんなさい。

もしよかったら、もう一度やり直してもらえませんか?

今度は間違えずに、○○のことを放さないから。

もしよかったら返信ください。

待ってます。

 

××より

 

最後に…



もちろんですが、これで確実に復縁できるというものではありません。

大事なのはやはり自分の気持ち。

誠意をもって、しっかりと文章を書きましょう。

 

 

2014年8月29日

written

by 汎用性のあ�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop