現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月18日更新

コーヒーを飲んだ後の口臭対策方法まとめ

399 views



大学生になって頻繁にコーヒーを飲むようになったのですが、飲んだ後に口臭が気になります。
これってうまく対処するコツとかって存在しますか?あれば教えてください。(大学1年・男性)






珈琲を飲む女性
© paylessimages


日々勉学に励む学生たちの勉強のお供であるコーヒー。


眠気を取ってくれたり、ポリフェノールなど体に良い成分が含まれていたり、


と注目を集めていますが、


一方で、コーヒーを飲んだ後に気になるのが、コーヒーが原因の「口臭」です。


特にディスカッションやミーティングなど、対面のときには注意したいものです。


自分ではなかなか気づきにくく、周りの人も直接指摘しづらいデリケートな悩み…、


その原因と対処法をご紹介します。




コーヒーが口臭を引き起こすのはなぜ?



「コーヒーの渋味は唾液を抑制する作用がある」



コーヒーには独特の渋味がありますが、この渋味は唾液の分泌を抑制してしまいます。


また、コーヒーの利尿作用により体内の水分が減るため、


それも唾液の減少につながる可能性があります。




「口内環境の酸化が口臭の原因に?!」



また、コーヒーには酸味もあり、その酸味は口内のpH値を低下させます。


口内が強い酸性になるとバクテリアが増殖してしまいます。


口内のpH値が高い「アルカリ性」だと口臭は発生しにくいですが、


pH値が低下し「酸性」になると、強い口臭が発生します。




「舌の表面にコーヒーの成分が付着し、コーヒー独特の嫌な臭いが発生」



コーヒーには焙煎されたコーヒー豆の微粒子が含まれています。


これらは舌の表面にくっつきやすいため、口臭の元になってしまうのです。


また、コーヒーにミルクや砂糖を入れると、


これらも舌の表面に残り、コーヒーの臭気と混じって口臭の元になります。




「緊張時や空腹時にコーヒーを飲むと、口臭につながりやすい」



食事中や満腹時よりも、緊張時や空腹時にコーヒーを飲むほうが口臭につながりやすい、


と言われています。


起床直後や空腹時、緊張時やストレスを感じている時などは


元々唾液の分泌が少ない状況なので、前述したコーヒーの特徴も相まって、


より口臭が発生しやすくなると考えられます。




コーヒーを飲んだ後に口臭をとるには?



「すぐに歯を磨けば良い、とは限らない」



コーヒーの後すぐに歯磨き粉で歯を磨くと、より乾燥が進み、


歯磨き粉とコーヒーの臭いが混じって余計に臭いがきつくなる可能性があるため、


あまりおすすめできません。


歯に付着したことが口臭の原因なのではなく、舌に付着したことが問題なので、


下の表面を綺麗にするのが効果的です。




「舌に付着したコーヒー成分を除去する」



ティッシュやガーゼなどで優しく舌の表面を拭うと、コーヒーの臭いをより軽減させることが出来ます。


ただし、歯ブラシなどで舌を強くゴシゴシとこするのは、舌の表面を傷つけてしまうので厳禁です。


舌専用のブラシがドラッグストアなどでも売っているので、それを使うのも良いでしょう。




「コーヒーを飲むときは、水も一緒に」



ちょっとお腹が膨れてしまうかもしれませんが、コーヒーを飲む時は水を用意しておき、


飲み終わったらすぐに水を口に含み、舌表面を上アゴの天井でゴシゴシしてゆすぎ、


コーヒーの味や香りを取り除くのが効果的です。


喫茶店などでコーヒーを注文するときは、お冷も合わせて頼むと良いですね。


水を口に含んでコーヒーの味が感じられなくなれば、臭いはほとんど消えた状態になっているので、


これを目安に、意識して水分を摂りましょう。


ただし、水に限らず何でもそうですが、飲み過ぎは良くありません。


水中毒などの危険もあるので、適度な量を、小分けに少しずつ飲みましょう。




「キシリトールガムを噛む」



虫歯予防に良いと言われているキシリトールガムですが、


キシリトールガムを噛むことによって、酸性に傾いた口内環境を元に戻すことができます。


ガムは唾液の分泌も促してくれます。


ただし、舌の表面を綺麗にしてから、が効果的です。




「薄めのコーヒーにするだけでも口臭予防効果がある」



どうしても眠気を取りたい、コーヒーが好きなので飲みたい、という場合には、


ちょっと薄めにするだけでも、口臭予防効果が期待できます。





まとめ



コーヒーを飲むときは、


①「必ず水を用意」して、


コーヒーを飲んだら、


②「水を口に含んで舌表面を上アゴの天井でゴシゴシしてゆすぎ」、


③「ティッシュやガーゼなどで優しく舌の表面を拭い」、


それでも臭いが気になる場合は


④「キシリトールガムを噛む」


これだけ徹底すれば、もうためらわずにコーヒーを飲めますね!


以上の点に気をつけながら、コーヒーを存分に楽しみましょう。


ただし、


これらを行なっても完全に口臭が取れるとは限りません。


徹底して対策をしても臭いが気になったり、周りから指摘されたりするようであれば、


一度病院等へ行って相談してみることをおすすめします。

2014年10月18日

written

by marurun


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop