現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月11日更新

可愛いスニーカー女子を目指す!コーデの3つのポイント

30456 views


いまやおしゃれに欠かせない存在となったスニーカー


ストリート系ファッション誌のみならず、


きれいめなお姉さん雑誌など、


かつてはヒール靴しか掲載されていなかった媒体でさえも特集が組まれるほど


人気を集めています。



 

見た目が可愛いだけでなく、


ヒール靴に比べ疲れにくく動きやすいので、


サークル活動や旅行、遊園地でのデートなど


たくさん歩かなければいけないイベントで履く機会が多い方もいるのでは?



 

おしゃれにスニーカーを履きこなす女子が急増するなか、


どうコーディネートしたらよいか分からない人も多いはず


一歩間違えると「手抜き」「ラフすぎ」「ボーイッシュになりすぎ」


といった印象を与えかねません。



 

スニーカーコーディネートの成功の鍵はずばり!


「女らしい要素を取り入れる」ことです。



 

詳しくは以下で解説していきたいと思います。


らくちんかわいいスニーカーを味方につけて、コーディネートの幅を広げましょう!




スカートと合わせる




ボーイッシュになりすぎずに合わせたいのであれば


スカートと組み合わせるのがおすすめ。


特に今年の秋はスカートが豊作。


きっと合わせたいスカートが見つかります。



 

足の露出に抵抗がないひとには


ミニ丈のタイトスカートやフレアスカートを。
スニーカーに限りませんが、ヒールのない靴を履くときは


足の露出を増やしたほうがバランスよく見えます。



 

足を露出したくないひとにはチュールスカートを。
今季は膝丈からマキシ丈まで、


さまざまな丈感のチュールスカートが出そろっていますよ。
チュールスカートの甘さをスニーカーが引き締めてくれるので、


程よい女の子らしさを楽しめます。




パンツはシルエットにこだわる




意外と難易度が高いのがパンツ×スニーカーコーデ。


手抜き感を出さないためには、パンツのラインや丈感にこだわりましょう。
おすすめのパンツはスキニーパンツ。タイトなシルエットで女らしさをキープ!


ゆるっとしたボーイフレンドタイプのパンツを合わせたいなら、


必ず裾をロールアッ(2~3回巻き上げる)してください。


体のなかで比較的華奢な部位であるくるぶしを見せることによって


コーディネートに抜け感がでてスッキリした印象になります。



 

ロールアップしなくてもくるぶしがみえる8分丈のパンツもgood。





メイクや身だしなみにも注意




以上の2項目で今年流のアイテムの合わせ方はわかったはず。
でもでも実は、コーディネート以外でも気を付けたほうがよいことがあります。
それは、身だしなみ
髪が長い人はまとめたほうがベター。


おろしたままだと重心が下にさがり、バランスが悪く見えてしまうことも。



 

また、メイクもきちんと感があるメイクにしましょう。


あまりにもすっぴんに近いようなメイクだとだらしなく見えてしまいがち。


とはいっても、気合の入ったフルメイクはコンサバな印象になってしまい


カジュアルなスニーカースタイルとは不釣り合い。



 

ベストなのはポイントメイク


ベースはナチュラルに仕上げつつも、リップやグロスだけはきちんと塗る、


もしくはチークだけはしっかり入れるなど


きちんとメイクをしてる感を出して女子らしさを保ちましょう。



 

いかがでしたか?


ちなみに私はVANSの白のスリッポン(靴ひもがないタイプ)と


ニューバランスM996のグレーを愛用しています。


特に今年はニューバランスの人気がすさまじいです!


どこも品薄ですし、型番によってはものすごいプレミアがつき


販売されているのネットで目にします。


梨花さんをはじめとするおしゃれ有名人が履き始めたのが


ブームの火付け役になったとか。



 

最初の一足に買うならコンバースのオールスター


合わせやすく王道なのでおすすめです。


スニーカーが好きすぎて、


ブランドについてもつらつら語りたいところですが…今回はここまで。
是非参考にしてみてください♪



 
=================


ライター:Kanako Nagahama(パーソナルカラーアドバイザー)


1988年東京都生まれ。



立教大学卒業後、アパレル会社に勤務。

その傍ら、for*styleファッションビジネススクールにて

パーソナルスタイリスト久野梨沙に師事、


パーソナルカラーの技術を身につけ、現在はカラーアドバイザーとして活動中。



販売の経験を活かし、

パーソナルカラーに基づいたファッションアドバイスを行っている。


ニーズや生活スタイルに合ったリアルクローズの提案を得意とする。

2014年6月11日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop