現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月28日更新

今日から貯金!浪費癖を直す7つの方法

2175 views

貯金をしようしようと常に思うのですが、気が付くといつも無駄に出費をしてしまいます…(大学3年生・女性)


 

財布を振る女性

© blanche - Fotolia.com

 

気づけば、お金がない。


恋人の誕生日、クリスマスなどのイベントに向けて、お金が必要なのに・・・。


無駄にしたことへの自責の念。自信喪失、自己不信。そんな状態に陥らないための7つの心構えを簡単なものから順に7つ紹介します。



 

1、レンタルを活用する



本や雑誌は借りる。なんてすでに当たり前。倹約中だからって贅沢しちゃいけないわけではありません。ブランド品だってレンタルできる時代です。レンタルを賢くつかってお金を残しましょう。

 

2、衣類、雑貨、食べ物は捨てない



「断○利」とか「と○め○片づけ」に真っ向から挑戦したって、いいと思います。モノにお金を使わなければならない理由は、それが、無いからか、捨ててしまったからです。あるものを大事に使う心を持てば、無駄な出費は抑えられます。

 

3、100円玉(500円玉)の「つもり」貯金



「ジュース飲んだつもり」、「お菓子食べたつもり」などの「~したつもり」になって、その分の小銭をチャリンチャリンと貯金箱へ入れてしまう方法です。貯金箱は満杯になるまで開けない覚悟で。

 

 4、入ったお金はすぐに貯金分を分ける



アルバイトや仕送りで入ってきたお金の中から、生活に必要な固定費(家賃、電気、ガス、水道、電話)を除いた残りから、貯金したい金額を決めて他のことに使う前に銀行へ入金してしまうこと。

出来れば、貯蓄用の口座にして、手を付けないと決めてしまえば、折れそうになる心を助けてくれるかも。

 

5、何に使ったのかを全部記録または記憶する



入ってきたお金の中から、固定費を引いた残りを、「可処分所得」といいます。要は、自由に使えるお金です。その中から、食費、交際費、趣味の費用などをどれだけ使ったのかは把握しておきましょう。この部分の支出プラン通りに出来るようになると、貯金できる率がぐっと高まります。

 

6、投資か消費かを考える



ところで「無駄」とか「浪費」ってなんでしょうか?あなたはどんな時に、「無駄遣いしちゃったな」と感じるか、自分の思考を見直してみてください。おそらくそれは、「消費」してしまった時ではないでしょうか?

後々役に立つものに出費したときには、それは正しい出費であり、将来への「投資」と感じます。何かを出費する前に、これは「投資か消費か?」と自問して、投資の時にだけ自分にOKを出しましょう。

 

7、目的を明確にする



実はこれが一番のクセモノです。ただ漠然と、「浪費をなくせば、お金が貯まるんでしょ?」とか、「いつかはお金が貯まってたらいいな~」と思っているようではお金は貯まりません。

増えない通帳の数字を見て、イライラが募るばかりです。


まずは、何のために貯金したいのか、いくら貯めたいのかを明確にしてください。


そして、達成できたときには、自分へのご褒美も忘れずに。



 

浪費癖をなくし、自分の収入と支出を管理できるようになることは「自己管理能力の証明」になります。


学生時代に「達成できたこと」はその後の人生の宝です。


早速、身近なところから始めて見てはどうでしょう。



 

 

 

 

 

 

 

2014年8月28日

written

by ジュピター


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop