現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月13日更新

確認しておきたいダーツのルールまとめ【保存版】

122 views

ダーツのルールについて知りたいです!(大学2年生・男性)


 

Bullseye electronic Dartboard

© NilsZ - Fotolia.com

 

①      ルールとマナー 基本



 

スローラインに立って投げます。3投なげる間はスローラインからでてはいけません。


1ラウンド=3投(ラウンド数はゲームによって異なります。)



 

野球の様に上から力を入れて投げる行為は危険ですし、


マナー違反になりますので気をつけて下さい。



 

くわえタバコなどしながら投げない、


相手が投げる時に邪魔をする様な行為はしない、


楽しくプレイをするのは良いが、周囲に迷惑になる様な騒ぎ方はしないなど


ダーツバーや遊戯施設では、周りで投げている人に迷惑になる行為はしてはいけません。



 

 

②      ダーツの的、ターゲットについて



画像出典:http://www.darts.or.jp

中心のブル、1~20の数字があります。

 

1番外側の細い所は「ダブル」という所で、各ナンバーの2倍の点数になります。


内側の小さい所は「トリプル」という所で、各ナンバーの3倍になります。


それ以外の所は「シングル」と呼ばれます。



 

ブルには外側のアウターブル(シングルブル)、内側のインナーブル(ダブルブル)があります。


基本的にはブル=50点ですが、ゲームの内容によって分けられた場合もあります。



 

③      ダーツ



画像出典:http://www.darts.or.jp

ダーツは大きく分けると4つのパーツで出来ています。


パーツの豊富なバリエーションと組み合わせで楽しめます。



 

ダーツバーや遊戯施設に貸し出し用のダーツがありますので、


ダーツを持っていなくても、気軽にダーツを楽しむ事ができます。



 

④      基本的なゲームのルール



カウントアップ

基本的な練習ゲームですが、点数を加算していくゲームです。


3投1セットを8ラウンド投げます。



 

01(ゼロワン)ゲーム

01ゲームには、301、501、701など種類があります。


その決められた点数を減らして行き、最後はぴったり0点にするゲーム。


残りの点数をそれ以上にオーバーしてしまうと、投げる前の点数に戻ります。



 

クリケットゲーム

Standard Cricket

画像出典:http://www.phoenixdart.com

指定されているナンバー(15~20、ブル)を陣取りしていきながら点数も競うゲームです。

 

1つのナンバーを3マークすると自分の陣地になります。


これをオープンと言います。


(シングル3本分なので、ダブルに入ると2マーク、トリプルでは1本で3マークつきます。)



 

自分の陣地になってからは得点が加算されます。


自分の陣地を相手も3マークすると、その陣地は無効になります。


逆に相手の陣地を自分が3マークしても無効です。クローズと言います。



 

全てのナンバーを先に陣地、クローズし、得点が他のプレイヤーより高い場合、勝ちとなります。


最終ラウンドまでにクローズしていない場合は得点が多い方の勝ちとなります。



 

クリケットゲームにも色んなバリエーションがあります。

 

01ゲーム、クリケットは最もポピュラーなゲームです。


2人で対戦する際は、メドレーと言ってゼロワンとクリケットをセットでやるのが一般的です。


他にも大人数で楽しめる様なパーティゲームなどたくさんの種類があります。



 

マナーやルールを守ってダーツライフを楽しみましょう。

 

2014年9月13日

written

by kool


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop