現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月13日更新

初心者必見!ダーツが簡単に上達する4つのコツ

3926 views

最近友達とよくダーツバーに行くのですが、なかなか上達しません…

コツがあれば知りたいです!(大学2年生・男性)


 

darts

© Pakhnyushchyy - Fotolia.com

 

はじめたばかりでは思うように投げられなかったり、狙った所になかなか行かないですよね。


やはり練習は必要になります。


安定して狙えるようになるためのコツと近道を紹介します。



 

基本的なベース



人それぞれであっても基本的なベースがあるので、それをしっかり抑えましょう。

 

・グリップの持ち方


・スタンス


・セットアップ


・構えてから投げるまで(テイクバック、リリース、フォロースルー)



 

フォームを固めること



まずは狙った所に入れる練習ではなく、フォームを固める練習です。


フォームが固まっていないと、狙って入れることができません。



 

狙った所に1本入ったとしても、他の2本があっちこっちバラけているよりも、


例え狙った所の横だったとしても3本まとまっている事の方が重要なのです。



 

バラバラになるという事は、同じフォームが安定していないという事。


3本がグルーピングして投げられる様になったとき、フォームが身についてきたということなのです。



 

力まない事が大切ですが、意識的に力を抜くのではダーツが抜けてしまう原因にもなります。


自分の楽なスタンスで、楽に投げられるフォームであれば力まずに投げられます。



 

上達するための練習方法



初心者の方は、3投投げてもバラバラな所にささったり、


思うように狙った所にいかないですよね?



 

最初の練習方法は、ターゲットを上下半分、2分割にして


上、下それぞれの枠に3投投げられるように練習します。



 

上下ができる様になったら、更に縦も半分にして4分割にし、


4分割それぞれの枠を狙えるように練習します。



 

徐々に狙う範囲を狭くしていきますが、


ここではナンバーを狙うことよりも、


3投をバラバラではなくグルーピングさせる事を意識して練習しましょう。



 

真っ直ぐ飛ばす練習で、ブルの幅の縦のラインに範囲を決めて、


高さがずれても縦のラインが同じであればOK。



 

高さの練習はブルの幅の横ラインに範囲を決めて高さの練習。


高さが合っていればブルに入らなくてもOK。



 

3投を同じに投げる事って難しいんですよね。


フォームを安定させながら練習しましょう。



 

ダーツ経験者の人に教えてもらった時



経験者の人がいて、グリップやスタンス、フォームについて教えてくれる人がいるかもしれません。


その中で、「こうした方がいい、ああした方がいい。」と教えてくれた時、


経験者の話が全て正しいという訳ではありません。



 

自分のフォームを真似した方が良い、という人の教えは当てになりません。


身長も、体格も違うように、ダーツの投げ方も人それぞれだからです。



 

いろんな人にいろいろ言われると頭の中がゴチャゴチャになり、


自分がどう投げて良いか分からなくなる事もあります。



 

聞かなくて良いという事ではなく、良いなと思った事はもちろん取り入れて、


自分に合わないなと思ったことは知識として頭に置いておきましょう。



 

練習はしないと上達はしません。


技術面などよりも、まずフォームが安定させる事が上達するには大切なことなので、重点的に紹介しました。


自分にあったものを見つけてたくさん練習して、素敵なダーツプレイヤーを目指してください。

2014年9月13日

written

by kool


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop