現在16525個の困ったを解決できます!

2016月2月2日更新

コテでも作れる♡綺麗な巻き髪セットのコツ10個

568572 views

Q. 最近コテを購入し、巻き髪に挑戦しているのですが、自分では綺麗な巻き髪をつくることができません。美容院で巻いてもらったみたいに、上手な巻き髪をつくるコツを教えてください!(大学1年生・女性)



コテできれいな巻髪を作った女性



© yo- - Fotolia.com




はじめに


巻き髪をするとぐっと華やかな印象になれます。


モテヘアを目指す女子大生にはぴったりですよね。


美容院ではどんな巻き髪でも思い通りにセットしてくれます。


そんな、美容院でやってもらうようなカールを再現できたら、なんて思いませんか?



「でも思うような巻き髪が作れなくて・・」「不器用だからコテで火傷しそうになる・・」なんて方、沢山いると思います。


今回はそんな方たちのために、意外と知られていない綺麗な巻き髪を作るコツをご紹介していきます。



コテで綺麗な巻き髪を作る10のコツ



1. 髪はよく乾かしてから!


髪はよく乾かしてから。ブローで毛並みを整えます。

カールウォーターの代わりに軽く水道水で濡らす人もいますが、実は間違い。

濡れている髪にコテで直接熱を加えたらその時点でキューティクルが即死します!!

髪を守って毎日きれいな巻き髪を保ちたいなら、やめましょう。


2. 簡単にブロッキング!


髪全体を4〜8分割にして、1束づつクリップで止めるとカールが綺麗に仕上がります。

コテは一度に多くの髪をはさむと熱が伝わりにくく、カールにもムラが出ます。

それを防止するために、事前にひと手間かけましょう。

細かく分ければ分けるほど綺麗に仕上がります。



3. 表面を均一化!

同じく当てムラを防ぐために必要なのが、髪をそろえること。

コームでとかして、巻く、を繰り返す。表面が均一化されるのでよりツヤツヤカールができます。




4. 180度で!


コテの調節温度は最大でもだいたい180度で。200度まで調節できるものもありますが、いくらなんでも髪に負担が掛かりすぎです。




5. 根本からは絶対NG!


根元からコテをスライドするのはNG。実はコテの表面は髪にとってはとんでもなくザラザラしているのでキューティクルを痛めてしまうのです。




6. 高温で一気に!


一度に温める秒数は3秒!長い時間コテで温めるのではなく、高温で一気に巻くことを心がけましょう。




7. 冷風のドライヤーを!


全体を巻き終わった後に冷風のドライヤーを全体にかけると持ちがよくなります。熱を冷ます事で形状できるからです。




8. スタイリング剤は賢く使い分け!


ワックスはニュアンスやボリュームを出すときに。スプレーはヘアスタイル全体をキープするときに。




9. ブラッシングで今風に!


スプレー後は全体を軽くブラッシングして自然なウェーブにするのが今風です。




10. 細めのコテを!


カールがとれやすい方は細めのコテを使って最後ほぐす手もあります。とれかけた頃にはいい感じのゆる巻きヘアに。




おわりに


いかがでしたか? 少し工夫するだけで綺麗な巻き髪が作れます。コテの電源を入れずに練習するのもアリかもしれません。 クリスマスシーズンに向けてひと味違ったあなたを演出してみては?

2016年2月2日

written

by nao-hayashi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop