現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月29日更新

大学生が服を安く買うための7の方法

32852 views

私はおしゃれが大好きで、服もたくさん欲しいのですが、お金がなくてなかなか服を買えません。なにかいい方法はありませんか?(大学二回生 女)


 

女性© taka - Fotolia.com

大学生なら誰だって、いつだって、おしゃれをしていたいものですね。
そうはいっても、自由に使えるお金が少ないのもまた大学生の性です…

やはり洋服というのは値段と品質がある程度は比例してしまうもの。
少ないお金では素敵な服を揃えるのは難しいものです。

そこで今回はできるかぎり、良い服を安い値段で買う術を紹介していきたいと思います。

 

 

1.古着屋さんで買う



いいものを安く買う、というコストパフォーマンスを求めるのであれば、最もわかりやすい方法ですね。

古着屋さんと一言にいっても、扱っている商品はお店によって千差万別です。
ヨーロッパのワーク系アイテムを中心に揃えているお店もあれば、
中古のハイブランド製品を集めているお店もあります。

街にある古着屋さんをたくさん巡って、自分が好きな雰囲気のお店を見つけるのも古着屋めぐりの醍醐味の一つ。

ただ安いだけでなく、現行の製品にはないディティールやシルエットを持つものが多い……。
そんな独特の魅力をもっているのも古着屋さんを利用するメリットの一つです。

基本的にはいいものを安く売ってくれているお店が多いのでお金のない大学生には強い味方。

古着屋さんを上手に使って、少ないお金で他とは違うおしゃれさんを目指してみるのはいかがでしょうか。

 

2.ネットオークションを利用する



近年は個人がネット上で物品を販売することも多くなり、
ネットオークションの参加者も増え、敷居も低くなっています。

服を安く買うためにはもってこいのコンテンツのひとつです。

すごくいいものを安い値段で売ってもらえることもあるのですが、注意点もあります。
実物をみることができず製品の状態の確認が完璧にはできないというのは、
古着選びにとっては致命的な欠点でもあります。

トラブルも少なくはないので、信頼できるサイトを利用し、上手に参加してみましょう。

 

3.フリーマーケットにいってみる



フリーマーケットは実はおしゃれな大学生にとっては宝の山です。

大規模なフリーマーケットには本職のアパレルの店舗も出店しますが、多くは一般のひとたちです。
最新のトレンドアイテムは手に入りませんが、古着屋さんと同じく、
独特の魅力を持ったレトロアイテムを見つけることもあります。

なんといっても特徴は驚くほど低価格なこと。
ただ売っている側もプロではないので自分でいいものを見極める力は必要かと思います。

 

4.おさがりを狙う



お父さんお母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、お兄ちゃんおねえちゃん、友達、先輩。
誰しもが昔は気に入ってたけど年をとって着なくなった洋服をタンスに眠らせているものです。

「昔の洋服なんて…」って思ってまいせんか?
一度、実家のクローゼットのなかを隅々までチェックしてみてください。

戦前のインポートものや高度成長期以降の国産服は品質がよく、
今みても美しいカタチをしているものがたくさんあります。

これらを自分の家で見つけることができればこれ以上はないほどの掘出し物ですよ。

 

5.買う時期をずらしてみる



買う時期が違うだけで価格が半分以下になることもよくあります。

最近のアパレル業界は季節を先取りしすぎているのかもしれませんね…
7月後半になれば一斉に夏物のセールがはじまり、12月にはもう冬服は投げ売りされています。

ブランドにもよりますが、サマーセールやウィンターセールの値引率はすさまじいです。

実は季節もののセール期間はシーズンまっただ中におこなわれることが多く、
すぐ使えるアイテムを安い値段で買えます。
もしくは来年の同じ季節にむけて買っておくのも一案ですね。

セールだからといってまとめ買いしすぎるのには注意しましょう。

 

6.ネット通販で買ってみる



お店で気になる服をみかけてもすぐには買わず、一度スマートフォンで検索してみてください。
これは服に限ったことではないのかもしれませんが、買う場所が違えば同じものでも値段がまるで違います。

正規取扱店やセレクトショップで買うよりも、Amazonや楽天などのネット上の小売店で買うと安い場合も多いです。
また公式ショップでも実店舗よりもネット店舗のほうが安いこともあります。

いいものをみつけたら一旦、スマートフォンで検索してみるのもいいですよ。

 

7.アウトレットショップにいく



アウトレットとは売れ残りやB級品など定価では売れない製品を安く売っているお店のことです。
着る分にはなんの問題もない製品もずいぶん安く買えます。

しかし最近はアウトレット専売品などという本質からはずれた製品もあり、
コストパフォーマンスがよいのかただ安かろう悪かろうなのか分からないこともあるので、

製品選びには注意が必要です。

 

まとめ



いかがでしたか?

バイト代のなかでもどうにかして良いものを買いたいですね。

みなさんのおしゃれな生活にとって少しでも有益な情報になりましたら嬉しいです。

2014年9月29日

written

by マーガレッ�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop