現在17272個の困ったを解決できます!

2014月8月29日更新

「もっと美人になりたい!」を叶える!キレイを保つ6つの習慣

2526 views

大学生になって、周りが綺麗な子ばかりで気後れしています…。
どうにかして美人になる方法を教えて下さい。(大学1年生・女性)


美人の女性

もっと美人で素敵な女性になりたい!と思っているし、
普段からメイクやファッション、ダイエットに関する情報収集は欠かさず、いいと思ったらすぐに実践してる!
でも努力しているわりには、イメージ通りの美人に中々なれない・・・。
さすがに整形や高額なエステには手を出したくないし・・・。

これは大抵の女性が悩む問題だと思います。
女性の美の追求はとどまる事を知りませんよね。

しかし、どんなに雑誌などを研究して外見だけ磨こうとしても限界があるのが現実です。
心身共に内面から綺麗に磨いて、更なる美しさを追及しましょう。

内面を磨くにあたって、すぐに取り組めて長続きする日常的な習慣を6つ紹介します。

 

1 たんぱく質は欠かさず摂る



普段、美容やダイエットの為に、カロリー高めなお肉を避けてサラダばかり食べてはいませんか?
食事の度に、お肉や魚、卵など何かたんぱく質を摂るように心がけましょう。
(豆腐や豆類もたんぱく質ですが、植物性だけではなく動物性も摂りましょう)。
なぜなら、たんぱく質はお肌や髪の回復に欠かせない栄養素だからです。

また、食べると元気も湧いて表情も生き生きとしてきます。
更に、たんぱく質の食品はよく噛まないと食べられないものが多いので、
顔の筋肉が鍛えられ、小顔効果もあります。

サラダを食べるのも良いですが、サラダだけでは美しくなれません。
サラダの中にローストビーフやナッツ類、小魚などをトッピングする手もありです。
無理のない程度にたんぱく質を食事の中に取り入れましょう。

人によって体質は違うので、あくまでも自分にとって良い(食べていて調子の良い)取り入れ方を見つけましょう。

 

2 誰にでも笑顔で挨拶



毎日すれ違うけれど言葉は決して交わさない人にも笑顔で挨拶しましょう。
例えば、大学キャンパス内で清掃をしている方やアルバイト先に出入りする運送業者さんなどです。

どんなに美しい女性でも、好きな人の前だけで笑顔を振りまき、
あまり関わりのない方に対して不愛想だと美人度が下がって見えます。

挨拶と言っても大げさではなく、「お疲れ様です。」「ありがとうございます。」などといった一言で良いのです。
何となく気持ちがよくなり、自然と普段から明るい表情をした美人になれますよ。

 

3 お風呂でのリラックス時間を確保



毎日バスタブの湯につかっていますか?

シャワーだけで済ませる女性も多いかと思いますが、
出来ることなら毎日ゆっくりお湯につかって体のこった所をマッサージし、リラックスする事をお薦めします。

お風呂でリラックスすると良質な睡眠を取れますし(睡眠は美容に不可欠です)、
毎日お湯につかる事で体の血行も良くなります。

同じ美人でも、常に冷えに悩んでいる女性よりも、
いつも体がポカポカしている女性の方が生き生きとしており、見ていて気持ちが良いものです。

 

4 何でも良いので教養を身につけよう



教養のある女性は、凛としていて素敵です。
単に化粧やファッションで表面だけ着飾った美人ではなく、内面も輝く美人になるには教養が欠かせません。
教養と言っても、難しく考える必要はありません。

読書・映画・音楽・料理・手芸など自分の興味のある事なら何でも良いのです。

例えば料理なら、つくるだけではなく食材の旬の季節について学ぶ、
映画鑑賞なら最近のハリウッド映画ばかり見ずに古典的な作品もトライする、などです。
興味のある分野に関する知識を深めましょう。

人と会話する際にも話題が豊富になり、
「この人は単に美人なだけではなく、教養もある素敵な人だな」という印象を持たれるでしょう。

 

5 電車の中では携帯よりも読書



電車内で携帯電話を打っている女性、読書をしている女性、どちらが素敵に見えますか?
読書をしている女性、と答える方が多いでしょう。

携帯電話を打っているだけだと余程の美人ではない限り、
スルーしてしまいますが、多少の美人でも読書をしていると絵になります。

「美人な上に勉強家で素敵だな。」「何の本を読んでいるのだろう?」と興味をそそられるものです。

電車内では暇つぶし(携帯電話を打つ、仮眠を取る)をしがちですが、
素敵な雰囲気を醸し出せ、かつ教養も身に着けられる読書をしてみてはいかがでしょうか?

 

6 服や靴のお手入れはこまめに



どんなに美人でも、靴が汚れている(あまり磨いていない)、
服がヨレヨレ(極端な例を挙げるとセーターから毛玉が出ている)とガサツな印象の方が強くなります。
不潔感もありますよね。

マメな方以外にとっては面倒かもしれませんが、お肌のお手入れと同じと思って、
服や靴など人目につく身の回りのもののお手入れをしましょう。

 

以上、6つの習慣を提案しました。

どれも意欲さえあれば取り組める習慣かと思いますが、6つ全部を一度に始めるのは難しいでしょう。
自分にとって一番手っ取り早く取り組めそうな事から始めてみてはいかがでしょうか?

2014年8月29日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop