現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月31日更新

顔の皮脂が気になる…テカリ顔にさよならする7つの方法

969 views

テカり顔に悩んでいます…どうすればよいでしょうか…(大学2年生・女性)


肌

© yo- - Fotolia.com

すっきりと爽やかなお顔で居たいのに、ギトギトした脂が浮いてくる。いつもキレイに洗ってお手入れしてるはずなのに、テカリ顔になってる・・・

テカリ顔のお悩みを解決する、簡単でスグ始められる方法をご紹介します。

◆ハーブの矢車草のローション(保湿し肌を引き締めるローション)



ハーブとして薬効が高い矢車菊(日本語)コーンフラワー(英語)ル・ブルエ(仏語)から作られたローションを使ってみましょう。

発育の途中で顔に脂が出やすい年代も、理由はわからないが顔がテカル方にも非常に高い効果を発揮するといわれています。フランスでは普通にスーパーのシャンプー売り場に並んでいます。

年代に関わらず民間療法として根強いニーズを誇っているローションです。

矢車菊のエッセンスには傷口や粘膜を守り、肌の表面をしっとり保湿しながら引き締める効果があります。

◆ミョウバン(ローション)



ナスの漬物を作るのに使われるミョウバンは食品の一種ですから安心して使えます。

ミョウバンに含まれているアルミニウムイオンが体や顔の汗腺を自然に引き締め、制汗効果は6.7時間継続します。

• ミョウバンローションの作り方
水道水150cc にミョウバン5グラム、これが原液のベース配分です。
これを8倍くらいに薄め、お顔にはたいたりスプレィしてみてください。

汗が気になる部分なら、どこにでもお使いになれます。

◆ベビーパウダー(タルカムパウダー)



お出かけ前にベビーパウダーもしくはタルカムパウダーをはたいてください。

女性でしたらお化粧の終わりにさっとはたく、男性でしたら手の平に少し取り両手をする合わせて顔にはたきましょう。タルクの粒子が油を吸収し、肌はさらっとしたままで居られます。

◆あぶらとり紙



昔ながらのあぶらとり紙を使いましょう。色々なデザインや和物などの小物としても楽しいお出かけグッズです。

何時でもどこででもさっと簡単に余計な顔のテカリを取ってくれます。男性も手軽に使えますから、ポケットに忍ばせてさっと使えて便利です。

◆保湿成分入りのウエットティシュで



保湿エッセンスが含まれたウエットテッシュで気になったら、さっと拭きましょう。簡単に使え、肌を守る保湿成分が配合されていることで余計な皮脂が出難くなります。
 

◆深呼吸でリラックス




ストレスが原因の場合、自律神経系が緊張している場合には、どうしても脂汗が出易くなります。

肩に力が入りリラックスしていない状態ですから、自律神経系の優位を変換させましょう。

深い深呼吸をゆっくり行うことで、心身共にリラックス方向にいざないます。

深呼吸は自分の意思で出来る自律神経系の変換方法です。
 

◆洗顔にベビー用トイレタリートーションを(おススメ)



脂が浮いてテカリ顔になるのは洗顔時に皮脂を取りすぎて、体が防衛反応のために自ら皮脂を分泌させているのかもしれません。

朝晩の洗顔には赤ちゃんのトイレタリーローション、ベビー用のクレンジングミルクで顔を洗ってみませんか。

洗い方はトイレットローションを適量を手に取り、顔中をマッサージします。水かぬるま湯で洗い流し拭いてください。それだけ!

洗い上がりはしっとりし、その後は余計な脂が浮き上がってきません。

 

2014年8月31日

written

by ms-bayonne


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop