現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月24日更新

日本人もよく使っている!アメリカで人気の日本製品まとめ

11246 views

日本でもよく使っていて、アメリカでも人気の日本製品を教えてください。(大学2年生・男性)


インターネットが普及して、海外から商品を購入することが簡単にできるようになった時代。私たちが毎日当たり前に目にしているメイドインジャパンの製品が、海を渡ってアメリカで人気が出ています。どんなものが人気なのか、まとめてみました。

 

1. ネスレのキットカット





画像出典:Kotaku

日本では、季節ごとに色んな種類のキットカットが販売されていますよね。アメリカには基本的に一種類しか味はありません。ネスレはスイスに本社を置く会社ですが、日本独特のキットカットは、アメリカでも大人気。

12個で$59.99(日本円で6000円以上)するものや、Maccha Green Tea(抹茶味)、Zunda Bean(ずんだ豆味)など、たくさんの種類が売られています。

日本に住んでいる筆者の友人のアメリカ人は、季節ごとに新しいキットカットが出ると知るや否や、毎月のように近所のスーパーに足を運んでいます。留学やホームステイでアメリカに行く時は、変わり種のキットカットが喜ばれるかもしれませんね。

 

2. 炊飯器





画像出典:Japanese Rice Cooker Store

日本では、お米を主食として食べていますので、大抵の炊飯器には“炊飯”の他にも、“保温”や”タイマー”などの機能がついているのが当たり前となっています。

アメリカ製や中国製の炊飯器も売っていますが、もちろん保温やタイマー機能はありません。夜寝る前にタイマーをセットして、朝起きるとお米の炊けるいい匂いで目覚める・・・そんな日本の朝に感動するアメリカ人もたくさんいるのでしょう。

 

3. お弁当グッズ





画像出典:BENTOUSA by allthingsforsale.com

日本人にとっては、小さい時からお弁当は身近な存在です。お弁当箱の種類も形もバリエーションに富んでいて、選んでいる時からわくわくするものも多いと思います。

でも、アメリカでは子供に持たせるランチはピーナツバターとフルーツゼリーを塗ったサンドイッチとバナナを紙袋に入れたものや冷めたピザなど、日本では考えられない栄養バランスのものが多いんです。

学校のカフェテリアでも、ピザや茹で過ぎパスタなど栄養バランスそっちのけのメニュー(しかも毎日同じようなものの繰り返し)・・・。アメリカでも健康志向の高まりで、大都市を中心にBentoを持っていく人が増えています。

 

4. 消しゴムやペンなどの文房具





画像出典:IWAKO OFFICIAL SITE

アメリカで売っている消しゴムの消えなさといったら・・・笑えます。

筆者は大学時代に消しゴムを買おうとして、店員が勧めてきたものが砂消しゴムだと思って辟易したことがあります。日本の消しゴムは、種類が豊富だし、何より消せる!!

ペンに関しても、ひとつのペンに2つ以上のインクが入っているものも多く、便利!でもこのような製品、アメリカにはありません。ひとつだけ欲しいと思っても、Value Pack!などと言って、3つ一緒に売っていたりすることも多いです。

 

5. 食品サンプル





画像出典:TRAVEL CAFE

日本では、多くのレストランで見かける食品サンプルですが、アメリカのレストランでみかけることはありません。メニューを見ても、ほとんどの場合、文章で説明されているだけです。

英語が苦手という場合は、注文する前にどんなものかを窺い知るのは難しいかと思います。日本の食品サンプルの精巧さは、海外から来た観光客の方々を感動させるレベルです。

日本でも、気軽に食品サンプルを買える場所がありますから、海外からのお友達をもてなすときには、連れて行ってあげるのもいいかもしれませんね。

 

6. アサヒビール



アメリカだけでなく、他の海外の国に行っても、ちょっと大きなスーパーに行くとアサヒのビールが陳列されています。日本でも、アメリカから輸入されてきたBudwiserやSamuel Adamsなどがありますよね。

日本のビールは味が濃い!というのが筆者の感想です。アメリカのビールって、日本のどのビールと比べても水っぽい気がするし。アルコール度数は大差ないんですけどね。メイドインジャパンを舌で感じることのできる、大人向けの人気製品ですね。

 



画像出典:ASAHI BEER USA

 

 

7. 爪切りや毛抜きなどの身だしなみ用品





画像出典:eBay

日本ではパチパチ切れるのが当たり前の爪切りや、スッと抜ける毛抜きなどが普通ですが、アメリカで売っているものの中には、切れ味が悪く切った爪が飛び散る(カバーがついていない)爪切りや、先端がきちんと揃っていない毛抜きが売っています。

日本だったら、不良品と呼ばれるような出来のものも多く出回っています。日本製の身だしなみ用品は、切れ味も良く長く使えるということで、人気があるようです。

 

8. 温水便座





画像出典:Amazon.com

日本では、一般家庭にも普及している温水便座ですが、アメリカでみかけることはありません。空港やレストランなどの施設はもちろんのこと、一般家庭についていることはまずありません。

日本で快適な公衆トイレに慣れている場合は、海外に行ってトイレを利用する際、ドアの下が大きく開いていることの後に驚くのは便座に座ったときだと思います。Amazonのサイトでは、高額な商品にも関わらず売り上げ一位を記録している大人気商品です。

 

 

いかがでしたか?他にもたくさんあるメイドインジャパン製品ですが、ここでは8つ紹介しました。日本で当たり前のように使っている、または目にしている製品は、アメリカでは驚きと感動を持って受け入れられているものが多くあります。

海外の製品にひけをとらない、たくさんのメイドインジャパン。なんだか改めて、日本っていいなぁ、と思えてきますよね。

2014年9月24日

written

by なるとも


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop