現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月9日更新

金融志望者必見!銀行員の仕事内容とは

23694 views

銀行員って、どんな仕事をするんですか?(大学1年生・男性)


 

C

© Natalia Merzlyakova - Fotolia.com

 

銀行員といっても、役職によって仕事内容は大きく異なってきます。
今回は、そんな銀行員の仕事内容を紹介します。

 

(1)銀行員と言っても?



一言で銀行員と言っても、職が2つに分かれています。まずは、一般職です。
近年では、正社員ではなく、パートや契約社員の人が主に一般職に配属されています。

次に、総合職です。総合職は、銀行の業務のほとんどを担います。つまり、銀行の何でも屋ということです。

 

(2)一般職の仕事内容とは



一般職とは、簡単に言ってしまうと、銀行の支店窓口などお客さんと触れ合う機会が多い職です。

 

窓口で午前9時から午後3時まで窓口業務をこなし、お金の計算を行い、


1円でも合わなければ、合うまで計算し、落ちているお金がないか確認します。



 

その後、銀行によっては保険の勧誘や自社の金融商品の勧誘などを行うために、


取引先に営業しに行ったりする場合もあります。



 

(3)総合職の仕事内容とは



もう一つの職である総合職は一体どんな仕事をするのかというと、


得意先を回ったり新規顧客開拓を行う営業であったり、


個人から頼まれた融資を判断する融資課など様々なです。



 

もちろん、人事や企画を考える企画課にも配属されます。


先ほども述べた通り、銀行の全般を担う職のため、転勤が必ずあります。


転勤先では、今までと異なる部署に配属されたりなど、


様々な経験を積む上で必要なことを行います。



 

なぜこんなにも多くのことを行うのかというと、


将来的に、銀行を担っていく経営陣になるため、それ相応の経験を積む必要があるからです。



 

 (4)総合職<融資課>とは



よくドラマで再現されている銀行員が所属している課が、融資課です。


最近行われたドラマだと、「半沢直樹シリーズ」です。



 

個人や法人から融資申請を受け取り、稟議書を書き、


上司の承認をもらい融資を実行します。



 

もちろん、お金を貸すということは、信頼関係が無ければできないことで、


担当者の安易な考えで融資を実行してしまうと、銀行は損害が出た時に、補填しなければなりません。


そういった責任を持つ仕事も、総合職の一つで、誰もが必ず通り道でもあります。



 

 (5)銀行員になるにはどうすれば?



ここまで、銀行員の仕事内容について説明しました。


では、どのようにすれば銀行員として働けるのでしょうか。



 

条件としては、「新卒である」ということが大前提です。


新卒でないと、採用率は低下してしまいます。



 

次に、出身学部です。


金融系ということもあり、「経済学・経営学・法学・商学」の出身学部の人が主に採用されています。



 

なぜ法学部が含まれているのかというと、理由があります。


現在の金融業界は、新入社員の研修期間が短く、即戦力として戦える人しか採用していません。


しかし、金融庁からの通達で、コンプライアンス遵守が求められているため、


法学部で金融系の法律を学んでおけば、法律をきちんと理解しているため、正しく業務が行えるからです。



 

また、数学を使うこともあるため、高校生程度の数学を修めていると、採用面接が有利です。

 

いかがでしたか?

銀行員の仕事を理解するために、


金融業界を取り扱ったドラマを見たり、小説を読むのもオススメです。

2014年9月9日

written

by 豆汰


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop