現在17274個の困ったを解決できます!

2016月10月4日更新

低カロリーで美味しいドライフルーツを自宅で手作りする方法

140301 views

ドライフルーツってどうやってつくるんですか?(大学2年生・女性)


フルーツ
最近コンビニなどでも見かけるようになった「ドライフルーツ」。


手軽に栄養が摂れて美容にも良いとされているため注目されていますが、


値段が高く、砂糖や添加物が含まれているものもあり、なかなか頻繁に買うのは難しいところ…。


そう思われている方は多いのではないでしょうか。


実は、ドライフルーツは自宅でも簡単に作れるんです。


大好きなドライフルーツを、好きな甘さで、好きなぶんだけ作れるなんて、夢のようですね。

今回は自宅での作り方から、ドライフルーツが作れる最新家電までご紹介します。



これを参考にぜひご自宅で挑戦してみてください。





どんなフルーツを選ぶ?



まず、どのフルーツを選ぶかによって、皮の処理方法が異なってきます。


具体的には、


・皮をむいて使用する果物:バナナ・キウイなど


・皮をむかないで使用する果物:ブルーベリー・プルーンなど


・皮そのものをドライフルーツにできる果物:オレンジ・レモンなど


皮までドライフルーツにできるので、生ごみも減り、経済的にも優しいですね。

無駄がないところも手作りの魅力です。













まずは乾燥させましょう



自宅でのドライフルーツ作りに適した代表的な作り方としては、


「天日干し」や「オーブンでの乾燥」などが挙げられます。


どちらも特別な技術は必要ありません。


初心者でも簡単に作ることができます。

大事なのはコツを知るだけ。


それでは紹介していきましょう。














天日干しを試してみよう



日本は湿気の多い気候なので、特に湿気の多い時期はカビが生えてしまうこともあります。


湿気が多い場合は扇風機などで風を送るなど、風通しをよくする工夫が必要です。



・用意するもの:


竹製などの平らなザル(または天日干し用のネット)、キッチンペーパー、お好みの果物


・作り方:


①お好みの果物をよく洗い、(必要であれば皮をむいて)5mm程の薄さにスライス。


(種や芯があれば、それらを取り除いてからスライスします。)


②リンゴや梨など変色するものは、1%の食塩水に15分程度漬けておくと変色を防ぐことができます。


③キッチンペーパーなどでしっかりと水気をとり、ザルの上に重ならないように1枚ずつ広げて並べます。


④直射日光が当たるところにザルを置き、夕方は室内に取りこみます。


⑤時々、上下裏表を返しながら約2週間、④の作業を繰り返します。


⑥お好みの固さになったらできあがり!



少々時間はかかりますが、作業としては並べてそのまま静かに置いておくだけ。

とっても簡単にドライフルーツが作れますね。


太陽の光で乾燥させると、殺菌の作用があり、甘さも出ます。


カラカラになるまでしっかり乾燥させれば、1年以上の保存が可能です。



ちなみに果物の皮を天日干しする場合には、


砂糖で煮てから干しましょう。


そのままの皮を干すと苦みが残り美味しくない場合があります。

ここでひと手間を惜しまないようにしたいですね♪



適量のグラニュー糖で煮ることをおすすめします。













オーブンを使った乾燥法もあります



天日干しできるスペースがない、あるいは2週間も時間をかけられないという場合には、


オーブンでドライフルーツを作ることもできます。


オーブンが自宅になくても、電子レンジにオーブン機能がついているものも多いので、


電子レンジを使って作ることもできます。



・用意するもの:


お好みの果物、オーブンシート


・作り方:


①お好みの果物を5mm程の厚さにスライスします。


②天板にオーブンシートを敷き、スライスした果物を並べます。


③オーブンを予熱なしで100℃に設定し、1時間程、果物を乾燥させます。


④さらに裏返して30分程、様子を見ながら焼き上げます。


(フルーツの厚さや種類により、お好みで時間を調節してください。)


⑤お好みの固さになったらできあがり!



ちなみに、オーブンに入れる前に、


砂糖で煮詰めるなどしてお好みの甘さに調節することもできます。


熟したバナナの場合は、砂糖を加えなくても、十分な甘さに仕上がりますよ!


半生状態に仕上げたものの場合は冷蔵庫に保存し、


10日前後で食べきるようにしましょう。














ドライフルーツ作り専用の機械があります



天日干しもオーブンでの乾燥も、とても簡単に作れますが、


逐一様子を見ながら仕上げるという手間がかかりますね。



そこで、最近テレビ番組でも紹介され注目を集めているのが、


「ドライフードメーカー」と呼ばれる食品乾燥機です。


スライスした果物や野菜をセットして電源を入れ、


あとは待つだけでドライフルーツが簡単に作れます。


時間は10時間程度かかりますが、セットするだけなので、


寝る前にセットすれば翌朝にはできあがるという手軽さが良いですね。


消費電力も少なめで、お値段も10000円以内で購入できるものもあります。











Apice アピックス ドライフードメーカー 「12品目のレシピ付き」 ホワイト AFD-550-WH



画像出典:Amazon




いかがでしたでしょうか。



このように、ドライフルーツは自宅で簡単に作れます。

ポイントは、果物の乾燥をどれだけ丁寧にできるか、です。




この乾燥を中途半端にやってしまうと、美味しいドライフルーツは作れません。




この記事のやり方を参考に、ぜひ作成してみてください。




また、ドライフルーツはある程度保存がききます。




そのため、一度大量に作っておけば、おやつやトッピングなど様々な用途に使うことができます。




楽しんでみてください。

2016年10月4日

written

by marurun


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop