現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月29日更新

これであなたも収納上手!デッドスペースの活用方法4選

1572 views

1人暮らしをしているのですが収納の仕方が下手すぎて、物が多すぎて片付けられません。(大学1年生・女性)


使っていない空間に収納ができたら、お部屋がスッキリするのは分かって

いてもどうすればいいのか、なかなか難しいですよね。

ここでは、デッドスペースの活用方法についてまとめてみました。

 

つっぱり棒をフルに使う



100円均一やホームセンターなどで手に入るつっぱり棒。

デッドスペースを活かすためには、これを活用しない手は

ありません。

洗面台の下の棚の上部分。空間が結構空いてしまいますよね。

ここにつっぱり棒をセットし、スプレータイプの洗剤などを

引っ掛けることができます。

また下駄箱の中にセットすれば、長い傘の他に折りたたみ傘も

吊るして収納できます。

また、食器棚の中に置いたお皿の上につっぱり棒をセットすれば

トレイなどの収納をすることができます。

棚のないトイレなら、つっぱり棒をセットしてトイレットペーパー

などの収納もできます。





出典:http://www.iris-interior.com/kaiteki_rule/17.asp

 

隙間用家具を使う



狭い隙間用に作られた棚などがたくさん市販されているのはご存知でしょうか。

わずか10cmの隙間でも入ってしまう棚が売られていたりします。

幅の狭い棚とはいえ、台所では調味料を入れたり、洗面所では小物を入れたり

あるのとないのとでは大違いです。



出典:http://item.rakuten.co.jp/dinos/310043/

また、幅10cmの隙間に入る米びつといった商品もあります。

これで12kgものお米が入ってしまうというのですから驚きです。

探せばいろいろな商品があるものです。



出典:http://item.rakuten.co.jp/hemlivet/mackin138527/

 

吊るして収納



一つの場所にまとめて吊るしてしまう。これも収納場所確保の有効な方法です。

例えば、IKEAではハンガー1本分のスペースでスカーフやベルトなど28点も

収納できてしまうハンガーが売られています。一箇所にまとめておくことで、

お出かけ前に選ぶ際にも便利ですね。



出典:http://www.ikea.com/ms/ja_JP/campaigns/heya_doko/

また100円均一で買えるワイヤーネットをクローゼットの内側にセットしても

同じようにたくさんのものを吊るして収納することができます。

 

大きなデッドスペースを活用



どこよりも大きなデッドスペースといえば、ベッドの下ではないでしょうか。

使わない布団や衣類をしまっておくのにはうってつけの場所ですね。

ベッド下専用の収納ケースも様々なものがたくさん市販されていますので、

自分にとって使いやすいタイプを選べます。

ベッド下を収納スペースにすることで、掃除のたびにベッド下まで掃除機を

かける手間も省けます。

もともと収納スペースとしてベッドの下を多く取るため、ベッドの足が高い

タイプのベッドも売られています。収納場所を多く確保するためには、こうした

ものを選ぶのも手ですね。



出典:http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/departments/bedroom/19059/

 

 

工夫次第でデッドスペースを有効に使って、スッキリした

お部屋にすることができます。

ぜひ、工夫してお部屋をスッキリさせてくださいね!

 

2014年9月29日

written

by komina


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop